Pocket

このiPhoneは使用できません

おなじみの、この画面です。
このiPhoneは使用できません○○分後にやり直して下さい。

このメッセージが出るとiPhoneの修理屋さん的にも意外と困ります。

動作確認が出来ないんです!

お客様は大丈夫です!と根拠の無いことを言われるのですが、それは希望的観測というやつで大丈夫だったら嬉しいな〜ぐらいのテンションなんですよ。

私達修理屋は、そういうわけにはいきません。
といって、お客様の大切な時間を+40分も奪うわけにもいきませんし、修理完了してから40分もはじめましての方と世間話をするというのは、それはそれで苦行といいますか。

新手の罰ゲームなのか、なにかのセミナーなのか。

ハードルが高いことには違いないのです。
ということで、こういった症状が出た場合はお持ち帰り頂いて「他にも不具合があったら、すぐに連絡下さいね!」
といってお渡しすることが多いのが現状なんです。

経験上、iPhoneの中を見て水滴が入っていない状態でタッチ不良が出ているなら画面交換だけで大丈夫だとは思うのですが、それでも確実な話ではないのです。
特にインカメラ周辺には大事なセンサーなどもあるので、そのあたりのチェックが出来ないのは怖いんです。

safariを使うなど、インターネット端末としてのiPhoneは大丈夫でも電話としてのiPhoneがNGな場合があるんです。
そういった場合、別の修理箇所も発生してコストも上がって・・・
という状態になります。

しかし最初に書いたようにお客様の時間を奪うわけにもいかず。
ジレンマですね。
このジレンマは5年間解決しておりません。

今後も、ずっとこのジレンマと戦っていくのでしょうね。
頑張りますので、iPhoneユーザーの皆様はできるだけ水没をさせないように頑張って下さい!