Pocket

どうも、博多iatQ店です。

本日のお客様は、春吉からお越し下さいました。春吉のお客様は、天神の桜十字病院で看護師をされている女性の方で、20代のお若い方でした。
何回も修理をされている方で、何回か修復歴のあるお方で、iPhone7の中身を開けますと、バッテリーの粘着テープが悪さおしておりました。

そこで、今回は、バッテリー交換の症状について書いていこうと思います。
症状としましては

・突然の電源が落ちる。
・iPhone自体が熱を持っている!?
・バッテリーが膨張してしまって、パネルが浮いた。
・残量表示が突然変わったりする。
・水没して電源が入らない。
・起動するがAppleマークから先が進まない。

などが多いのではないでしょうか?

iPhone5以降のバッテリーは大幅に容量アップしていますが、iOSとの相性も関係していて安定しない事が多いです。
他のスマホ同様ですが、バッテリーはもともと消耗品です。

全ての李チャージャブルバッテリーは多用年数に限りがあり、最終的に交換やリサイクルが必要な場合があります。
iPhoneのバッテリーはフル充電サイクルを500回繰り返した時、本来の容量の最大80%を維持できるように設計さているそうです。

寿命の伸ばし方としては、

・最新ソフトウエア(iOS)にアップデートする
・極端な場所に持ち込まない
・充電中はケースを取り出す。
・長期保管する時は、50%充電してから

と行ったことを推奨しています。
とは言いましても、落下や水没などの物理的な要因で突然機能も失うこともあります。

バッテリーの持ちが悪い、節約・節電の方法を知りたい方はお気軽に当店にお越し下さい。

混雑状況ににもよりますが、バッテリー交換は最短10分からやっております。

即日修理も可能です。