Pocket

皆さん、こんばんわ、本日はiPhone修理のi@Q博多店より、
春吉から来られたiPhone6と美野島からご来店頂いたiPhone7のお客様のケースでご紹介していきたいと思います。

まずはiPhone6のお客様のケース、こちらのお客様の場合は単純に画面が割れて、問題なく使えていたものが、朝になったら画面が真っ暗、電源が入らないといったケースでした。

単純にパネルの交換で、元どおり使用できるようになりましたが・・

パネルを外した時点で内部にかなりホコリや塵が溜まっていましたので、故障原因の一端ではないかと思われます。

落とされてしばらく問題なく使えて点からみても、落とした時の衝撃というよりは、画面自体にあいていた穴からホコリや塵が入り、いずれかの部位でショート、または他の原因を引き起こしたものと思われます。

画面自体にヒビがはいった程度であれば、早急に修理とまでは言えないですが、もしどこかに穴があいてしまった場合はご注意を、そこから水分やホコリが入り、他の故障原因を招いてしまいます。

お次はiPhone7のお客様のケース、皆さんはご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、iPhone本体もバッテリーも熱に非常に弱いです。今回の7のお客様のケースは日中に車のダッシュボードの上に置きっぱなしにより、相当本体が熱くなっており、画面が真っ暗になった状態から電源がつかなくなったというケースでした。

こちらの場合はバッテリーの交換で元どおり使用できるようになりました。

いつ、何が原因で故障するかわからない危険はどの機種でも言えることかもしれません。 実際に本体をあけてみないと確かな故障原因をあげることはできないかもしれませんが、大まかな予想や故障原因をあげることは可能なので、