Pocket

みなさんこんにちわ、この度の台風19号の影響で各地で水没被害、停電などの災害被害もでていましたが・・・今回は災害時に備えたiPhoneの充電確保、災害時のiPhoneの使用方法などをあげていきたいと思います。

まずは、停電などでiPhoneの充電ができない、またはできなくなる可能性を考えた上での予めの対策などから・・・
まずは節電からですね。まずはじめに画面の明るさを暗めに設定してバッテリーの消耗を抑えることができます、つぎにWi-Fiなどを必要な時以外はオフにしておくなどですね・・

まずは、停電などでiPhoneの充電ができない、またはできなくなる可能性を考えた上での予めの対策などから・・・

まずは節電からですね。まずはじめに画面の明るさを暗めに設定してバッテリーの消耗を抑えることができます、つぎにWi-Fiなどを必要な時以外はオフにしておくなどですね・・他には低電力モードにしておくなどですね。

また、停電時にロック画面からライトを点灯できる機能もあるので、有効活用していきたいところです。

常日頃、停電時に備えるのであれば緊急時用に、iPhone用のUSB、手回し式の充電器を予め用意しておくのも緊急時避難時用にはいいかもしれません。

また家屋の浸水等でコンセント部分まで水に浸かってしまった場合などは、しばらく復旧まで充電を見送ったほうが良いかもしれません。うっかり充電器をさして充電しようとしたらショートしてしまうなどといったケースに陥ってしまうかもしれません。

バッテリーや電流の流れは水分いがいにもちょっとしたホコリなどの原因でショートしてしまうこともあります。
バッテリーの交換だけで復旧する場合、画面までショートでつかなくなってしまう場合、当店ではどちらの場合でも修理を受け付けておりますので、i@Q博多店ではご用命をおまちしております。