Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

皆さんこんばんわ、福岡市博多区にあるi@Q博多店から
本日はiPhoneに使われているバッテリーについて・・・

iPhone内部にあるバッテリーですが、これは電池の種類としてはリチウムイオン電池になります。ガラケー時代にはニッケルカドミウム電池だったものが、スマホにかわりこのリチウム電池になっていったわけですが・・・

大きな違いとしては・・リチウムイオン電池の場合、小さくてもエネルギー密度が高く、高電圧を得られる点ですね。

スマートフォンやiPhoneが長時間もつのはこのリチウムイオン電池のおかげです。

ただ、このリチウムイオン電池・・・長時間充電を満タンにしていると劣化していきます。

また温度変化にも弱いというデメリットがあります。

真夏はもちろん暑さに弱く、今の時期だと極端に気温の低い場所においておくとそれだけ劣化が早くなってしまいます。

この間iPhoneのバッテリーを替えたばかりなのに・・・
などといったお客様も中にはいらっしゃるかと思いますが、
真夏と真冬にバッテリーの交換が増えるのはこういったリチウムイオン電池の特性もあるということを知っていただけたらと今回のテーマにしました。

――――――――――――――――
iPhoneやiPad等の突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F(Google Map
電話番号:0120-947-123

全店共通番号となっておりますので、博多店を呼び出しください。

アイアットキュー博多店Twitterこちら

――――――――――――――――