iPhoneの話

iPhoneのケース選びの際に役に立つ?特徴別解説6パターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

iPhoneの修理業をしているとiPhoneは裸で持つのがかっこいい!という方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は何らかのケースを使われています。

筆者も最初はプラスチックの一般的なケースを使っていて、手帳型が安心だというお客様が多かったので、筆者も使ってみることに。その時はiPhone5sでした。
実際に使ってみると色々入るので使いやすくもあったのですが、当時はカード類を財布に入れずに鞄の小さいポケットに入れていました。

そしてiPhoneもすっぽりと入るサイズだったので、入れていたらクレジットカード、銀行カード、会員カードなどが手帳型ケースの磁気にやられて一気に使えなくなって以来プラスチックのケースに戻りました。

そして裸でiPhoneを持っているお客様が目立つようになったので、どんな気持ちで裸族を貫いているのか知りたくなり筆者も裸族のままiPhone7を使っていました。
そしてXSに機種変更をしてホームボタンの内快適さを享受しながらも指を端まで伸ばす際に不安定になるので再び手帳型ケースにして今に至るです。

そんな遍歴から今回はiPhoneのケースについてのお話です。

手帳型タイプ

筆者が今使っているのが手帳型ケースです。
1番のメリットはガード力が高いということですね。
テーブルなどに置いていて、うっかり落としても守ってくれる安心感は絶大です。

さらにカード類も多少入るので、磁気に影響されないタイプのカードなら問題なく使うことができます。

デメリットとしては、男性の場合歩きスマホをしている際に落とすことが多い(iatQ西新店調べ)ので当然画面は剥き出しのまま落下することになり防御力を発揮してくれません。
さらに先述したように手帳型は磁石が内蔵してあるタイプが一般的で磁気テープが付いているタイプのカードの磁気を飛ばすことがあります。

さらにiPhoneのカメラにも影響します。

iPhoneのカメラは精密に出来ているので、磁気の影響もあるようです。
毎回上記のメッセージが出るわけではありませんが、手帳型のケースに変更して数回出ました。

シリコンタイプ

シリコンタイプは滑りにくく安心感があって使っている方も多いです。

水仕事をする飲食店の方なども愛用されていることが多いように見受けられます。
実際に手に持ってみると安定感は抜群です。
クッション性も高いので少しの衝撃なら吸収してくれそうな感じです。

一見すると良さそうな完全無欠のタフガイのような感じもしますが当然弱点もあります。

1つは長期間の使用でシリコンが伸びてケースから外れやすくなるということです。
シリコンタイプのiPhoneケースは低価格帯のラインナップが多いので買い換えれば済むという話ではありますが。

次の特徴が問題で、シリコンは鍋敷や鍋つかみに使われるほど耐熱性が高く熱を通しにくいということなんです。
iPhoneやPC、その他機械類は発熱するように出来ています。
この発熱は仕組み上仕方がないことですが、その熱がこもると動作が不安定になったり故障の原因となります。

そのため、熱が篭らないように放熱しやすい設計になっているのですが、シリコンケースをつけると放熱できなくなるのです。
そして最悪のケースではiPhoneが文鎮化することになります。

これから夏を迎えるにあたって注意してもらいたいポイントNO1です。

プラスチックタイプ

プラスチックタイプは比較的安価でデザインが豊富なので選ぶ楽しさが多いのが1番の特徴かと思います。

デメリットもシンプルで単純に割れやすいということです。
当店に画面修理などでご来店されるお客様の大部分の方がプラスチックタイプを使われていますが、持ち込まれた中の半数以上はケースの角が割れているような印象を受けます。

割れたままのケースでは保護能力が落ちていますので、早めの買い替えを検討された方がいいかと思います。

バンパータイプ

バンパータイプは縁だけ保護をするスタイルで角からの落下に強い印象があります。
さらに厚み方向に対しても少し出っ張っているので平らな床などに対する落下も直接画面が地面に当たらないので安心できそうです。

デメリットは縁だけで保護しているせいか、通常のケースと比べて厚みがあるので、iPhoneが一回り大きくなった感じがします。
個人的な意見としては邪魔です。縁しかカバーがつかない分放熱性は高そうですが。

リングタイプ

最近リングタイプの方も増えてきましたね。

放熱性という点では抜群かと思います。
このリングタイプは落下時の衝撃から守るというよりは、落下させないという点から開発されていますので、保護能力はないですがスマホを落とすリスクが格段に減る気がします。

デメリットはリングをつける際に、接着面をしっかりとクリーニングして脱脂をしておかないと使っている最中にリングが外れてしまうということです。
実は筆者も一度使ったことがあるのですが、ポケットの中でリングが外れていました。

安心感が高すぎてリングに指を通したままプラプラ振り回しながら歩いていたこともあるので、その途中でリングが外れたらと思うとゾッとします。

そしてiPhone修理屋さんが思う1番のデメリットはiPhoneの修理がしにくいということです。
普通に利用する方には関係ないことですが、背面にリングが付いているとiPhoneを作業台の上に置いた時に安定せずに作業に支障が出ます。

まあこれは修理屋さんが努力で超えていく問題なのですが。

裸族

番外編的な感じにはなりますが、筆者は裸族の時が1番落としませんでした。
一切の安心感がないので、常に緊張状態にあるからです。
2年ほど裸族生活をしましたが、この不安感になれることはなかったですね。

メリットはAppleがデザインした素晴らしい筐体を眺めることができる。また、メーカーが想定した通りの放熱が得られるということでしょうか。

デメリットはノーガード作戦なので、落下などのダメージがダイレクトにくるということですね。

まとめ

さて、皆さんはどんなケースを使っているでしょうか。
ケースをつけていても落とせばiPhoneのケースは割れますので、落とさないように注意しましょう。

iFaceは防御力は高いという評判ですが、もちろん画面割れ修理に持ち込まれますので過信は禁物です。
全てのセキュリティに言えることですが可用性(使いやすさ)とセキュリティレベルはトレードオフの関係にあります。

究極の話にはなりますがiPhoneを金庫に入れて持ち出さなければ、紛失、破損、汚損などのリスクは無くなりますがスマホを持っているという意味がなくなります。
こういった意味でバランス感覚を持ってストレスのないiPhoneライフを過ごしてください。

コメントを残す

*