iPhoneの話

iPhone5Sと初代SEは傑作でしたよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

最近、数カ月ぶりにiPhone5Sを修理しました、ちなみにiPhhoneSEは先日も修理したばかりです。
iPhone修理時に、開封する際、この5SとSEが一番緊張感があります
画面を持ち上げる際にホームボタンのケーブルがちぎれやすいんです、取り返しのつかないミスが発生しやすいんです。
結構怖いです、劣化していると少し持ち上げるだけでポロッとちぎれる事があります、怖いです(二回目)

今現在のiPhone5SやSEの状況

携帯電話としては通話とメール、あと多少SNSやブラウザが使えれば問題が無いと思います。
ただ実情的なスペックは、そろそろキツくなってきていると思います
iPhone5SやSEは、生産終了して長らくです、使っていると各パーツが消耗したりもするので、あと容量の小さいタイプだと更にキツくなってます。
それに色んな不具合が起きていると思います。
(電池消費早い、充電出来ない、画面タッチ不具合等)

でも修理をすると思ったより高くなる場合もありますよね
ちなみにiatQ博多店ですと、5SもSEもバッテリー交換で税込5,000円です。
その他の不具合も含めると手持ちのiPhone5SやSEを修理したり中古を買ったりジャンク品を買ったりしても
満足に使える状態にするだけで複数箇所のパーツ交換が必要な場合もあります。
さすがに好きな機種でも古い端末の修理に1万以上かかると躊躇します。
(同時二箇所くらいまでなら合計1万円以内で修理可能な場合が多いですが)

しかしそれでも定期的に修理依頼があるのが5SとSEの特徴ですね
やっぱり5シリーズのサイズのiPhoneに愛着を持つ同志は多いと思います
ただ限界も近いと、4インチiPhoneの愛好家の人たちも理解できていると思います。

ちなみに修理の見積りは無料ですのでiatQへお気軽に来店しご相談ください。

やはりiPhone5シリーズ、初代SEのサイズは素晴らしい。

私も5Sはまだ自宅で予備機として待機しております。
現在も家のWi-Fi専用で枕元で目覚まし時計代わりや、寝る前や、これからの寒い朝の時期は、布団に籠城しながら、ネット小説とかヤフーニュースとかを見たりで使ってます。
色んなサイズのiPhoneがありますが、やっぱり手に馴染むのが4インチの小型のiPhoneなんですよね。

ちなみに2020年10月14日に発表されて、発売日が近づくiPhone12シリーズですが。
iPhone12miniはiPhone8より少しだけ小さいです、しかしフル画面で画面が8よりも大きいんです。
さらに性能は高く、価格も恐らく税込8万前後からで10万円以内で買えると思います。
最先端技術で作られたハイスペックな新型iPhoneですから不満は無い、と言いたいですが。

個人的には5SやSEと同じサイズでフル画面の小型iPhoneを期待していたんです、まぁ望みは薄いとは思っていましたが。
それに使い慣れたホームボタンは合ったほうが嬉しいけど、5SやSEと同じサイズならフル画面になって、ホームボタンがなくなっても即決で購入決定なんですけど、そう上手くは行かないですね。
噂で少し話が出ていた、電源ボタンに指紋認証・TouchIDを搭載して
顔認証・faceIDを無くした新型のiPhone12が出るかもみたいな噂を、小型iPhone12と少し期待してたのですが残念です。

と個人的な願望を垂れ流してますが、端末スペックの限界や経年劣化による修理困難時の恐怖に悩まされながら、今も5Sを愛用しているiPhoneユーザーの声でした。

普段遣いはSE2で満足していますが、やっぱりiPhone12miniより小さい、小型サイズも出してくださいApple様。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*