iPadの話

思い出の写真を守る方法があります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

iPhone やiPadのカメラは使われますか?

私は去年子供が生まれてから頻繁に使うようになりました。デジカメを持ち歩くのは面倒くさいですが、iPhone はどこに行く時も持って行くのですぐに写真や動画も撮りやすいですし画像も綺麗に写るのでとても便利です。

思い出の写真を見れなくなった事はありませんか?

iPhone の写真をパソコンを使わないでバックアップする方法を2つ紹介します。

バックアップとは、iPhone の中にあるデータの予備を本体以外の場所に保存しておくことです。バックアップがあると、使用中のiPhone が故障や破損した場合、または機種変更する際に、新しい端末にデータを復元することができます。

1 iCloud 写真を使う

iCloud写真とはAppleのクラウドストレージサービス[iCloud]を使用した写真の管理機能です。iCloudはApple  IDを鍵として様々なデータを保管することができます。一度設定しておけば全ての写真が自動的にiCloudに保存されます。iCloud は同じApple IDで使用しているMacやiPad とも共有のため、どのデバイスからも同じ写真を同じ状態で見ることができます。機種変更した場合や、新しいデバイスを追加した際も同じApple IDであれば同じように利用できます。

イマイチな点はiPhone 上の写真を意図的に削除した場合、iCloudに保存されていたものも同様に削除され、他のデバイスもそれに同期してなくなります。iPhone 本体のストレージを空けるためにiPhone 上で写真を削除すると、iCloudからも他の端末からも同時に消えてしまうのでご注意ください。

また、iCloudは無料で5GBまで利用できますが、それ以上保存するには月額料金が必要です。

2 Google フォト

Google フォトは専用アプリを用意して一度設定しておけばiPhone に保存された写真を自動的にクラウドストレージへアップロードしてくれます。保存画質を「高画質」(優れた画質を保ちながら容量を節約)にすれば、容量は無制限かつ無料で使用することができます。さらに、パソコンやiPad ,Androidスマートフォンからも利用できます。

イマイチな点は保存画質を「元の画質」で保存した場合は容量制限があります。ただし「高画質』との差は一般的な用途では気にならない程度です。また機種変更した際に専用アプリから写真を利用することはできますが、「写真」アプリには自動的に復元されません(手動でダウンロードが必要)。

万が一の備えにぜひご利用ください。もし、万が一の備えを忘れて消えた写真やデータを復元したい方はiatQ博多店にお任せください。

今後もお客様にお得な情報をお伝えしていきます。

コメントを残す

*