iPhoneの話

iOS14実装の背面タップの便利ですね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今回はiOS14で実装された新機能の背面タッチのお話をします!

背面タップとは

背面タップ

アクセシビリティ機能が必要なユーザーが、便利なタスクをシンプルかつ簡単に行えるように作られました。iPhoneの背面をすばやくダブルタップ、またはトリプルタップして様々なアクションを実行するように設定できます。例えば、拡大鏡を開いたり、iPhoneがポケットの中にある時にVoiceOverを有効にしたり。コントロールセンターなどの一般的なシステム機能や、スイッチコントロールアクションなどのアクセシビリティに特化した操作に割り当てることもできます。

Apple公式ページ

背面タッチ対応のiPhone のシリーズ

  • iPhone8シリーズ
  • SE第二世代
  • Xシリーズ
  • 11シリーズ
  • 12シリーズ

対応機種のApple公式の表記は当時発売していた8シリーズ、Xシリーズ、11シリーズのみ
SE第二世代は表記は有りませんが、8シリーズの後継機みたいな物なので使えます。
12シリーズも問題無く使えるという情報があります。

背面タップの設定方法

設定

アクセシビリティ

タッチ

背面タップ(一番下にある)

これでまずは背面タップの設定画面ですね

ダブルタップとトリプルタップ
この2つの動作に色んなものが設定できます。

「なし」を選択すれば背面タップをオフみたいな感じですね

システム

まずはデフォルトであるシステム操作系。

  • Appスイッチャー:アプリの切り替えとかタスクキルするためのあの画面
  • Siri:おなじみのSiriさんです、iOS14になってさらに使いやすくなりました。
  • Spotlight:ホーム画面を右にスワイプした時に出てくる検索画面、Siriさんが使ってるApple純正の検索エンジンです。
  • コントロールセンター:画面下から上へスワイプした時にでるアレです
  • シェイク:シェイクの動作を知なくてもシェイクできる(自分で何を言っているのか、わからん)
  • スクリーンショット:持ち替えとかボタン同時押しとか長押しとかせずに片手でトントンでスクショ撮れます。
  • ホーム:ホーム画面へ、ホームボタンのあるiPhoneしか所持経験がないので、私はX,11,12の下からスワイプでホーム画面がムズカシイ。
  • 音量を下げる:音楽プレーヤー扱いでポケットとかに入れてる時につかうんかな
  • 音量を上げる:上記と同じ
  • 画面をロック:確実に素早くロックしたい人向け?
  • 消音:音量と同じくサイドボタン使わずに動作できる、緊急時に素早く片手消音
  • 通知センター:画面上から下へスワイプするとでるアレです

SE2を使ってて便利だと思ったのはやっぱりスクリーンショットです。
他にもAppスイッチャーでアプリ切り替えが前より楽になったり、SiriやSpotlightで検索等手早くとかも
音量や消音、画面ロックはサイドボタン類が壊れた人だと便利かもしれません、

アクセシビリティ

  • AssistiveTouch:便利機能の集合してるやつのオンオフ、背面タップが実装される前まではスクショ取れるように設定したりしてました
  • VoiceOver:本とかの読み上げ機能のオンオフ、使い方次第で便利だと思います、Kindleの本とかイヤホンで聞く感じ?
  • ズーム:文字通りズーム機能のオンオフ
  • 画面読み上げ:画面読み上げ機能のオンオフ
  • 拡大鏡:そのまま拡大鏡、カメラ使うやつ
  • 反転(スマート)(クラシック):色が反転したりする、好み次第の設定だと思うけど普段遣いする場面があんまり思いつかない。

今までAssistiveTouchを使っていた人も時々コレ邪魔だなって思った事があると思います
それが背面タップで簡単にオン・オフできるので便利ですね。

スクロールジェスチャ

  • 下にスクロール:文字通り
  • 上にスクロール:文字通り

背面タップするか画面スワイプするかどっちが楽なんだろうか。
小説とかnewsとか長文だったりするのを読んだりするときに使えたりするのかな?

ショートカット

そしてiOS13で追加されたショートカットも設定出来ます。
自由度高いですね

ショートカットをネットで色々探したり、作ったりしていると結構面白いですね、色々作ってみたいとおもいました。

まだショートカットを触ったことがない方は、デフォルトでAppleが準備知てくれてる物も多いのでショートカットを触るのもいい機会かもしれませんね。

簡単なものなら背面タップでTwitter等のSNSの新規メッセージ画面を開くだったり、その他特定のアプリを開いたり、動画撮影を即開始したり。

背面タップで支払いのためにwalletやApple Payや各種電子マネーやPay系を設定して直ぐに目的のアプリの支払い画面を出せると便利な場面も多くありそうです。

設定するしないは、人それぞれです、ただ背面タップという存在の追加でさらにiPhoneを使う時に選択肢が増えていくというのは良いことですね。

iPhone修理をしていると、ホームボタン壊れたりサイドボタン壊れたりしたお客様に、無理に修理せずAssistiveTouchを教えたり知てましたが
さらに追加で背面タップの存在もお客様へ伝える場面も出てきそうですね。

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123

コメントを残す

*