Pocket

ウィジットとは、アプリを開くことなくホーム画面などに表示しておけるショートカット機能のこと。

iOS14でウィジットの機能が強化されています、ホーム画面に配置できるんです。
そしてウィジットは大、中、小の三種類の大きさに分かれてます。

大きさは三種類

大はアプリアイコンで16個分、でかい正方形で思ったより、でかい。
中はアプリアイコンで8個分、横長の長方形で大の半分
小はアプリアイコンで4個分、正方形で中の半分ですね。

ウィジットによって表示が、大中小で表示の仕方や内容が変わったりするので
目的や使いやすさがそれぞれのウィジットの大きさ毎に違いますね。

スマートスタック

更にスマートスタックという同じサイズのウィジットを10個まで重ねてセットに出来る機能もあります。
そしてスマートローテーションをオンにしておけば使用履歴を分析して、このタイミングだとコレを表示する、みたいな学習機能もあります。

ウィジットは何処におけばいいのか?

ホーム画面の使い方は人それぞれだと思います。
ウィジットを積極的に使うならば、自分が使いやすい部分に
補助的に使うならば邪魔にならないところにが基本なんでしょうか?

まず、よく使うアプリがあるであろう、1ページ目のホーム画面にウィジットは必要かどうか、ですね
ウィジットは小でも4マスとスペースを使うので置く場所に困ります。
なんとなくですが、2ページ3ページに余裕があれば、ウィジットを配置しても良いのでは無いでしょうか。

ホーム画面晒し

例えば私はアプリを全て1ページ目にまとめる派なので、2ページ目以降にアプリは有りません。
晒すという事で見栄を張ってデフォルト名のままのフォルダに急いで名前を付けたり
普段消してるApple純正を表にだしたりして、意識高いを目指しましたが、なってませんね(´・ω・`)
フォルダだらけで他人が使うには場所がわからないのがホーム画面の醍醐味ですね。

私は、1ページ目に小サイズのウィジットを一箇所に配置して
其処に時計、リマインダー、メモ、バッテリーと4枚くらい重ねてスタックしてます。
デッカイ時計がウィジットで、裏に何枚かウィジット重なってます。
スクショだとスタックしてるのわかんないですね

普段は時計で、必要な時に上下スワイプして見るかタップして使ってる感じですね

私はさっき書いたとおり、アプリは1ページ目かAppライブラリなので2ページ目はウィジット専用ですね、最初は大と中を置いて全画面使ってましたが、中2枚置いたほうが使いやすかったのでこのスタイル、もう一枚中増やすか小2つ並べるのもいいかもです。

こんな具合に中型のウィジットを2つ置いてます。1個目はGoogle検索&レンズとAppleの天気やyahoo天気の雨雲レーダーと気温グラフ。
2個目はバッテリーとミュージックとショートカットですね、ショートカットの中身は方向オンチなので、知らない所から帰る時用に自宅への経路と音楽のプレイリスト指定再生と支払い系アプリショートカットです
バッテリーはブルートゥースイヤホンのバッテリーを見やすいからです。

そして大のウィジットは、ホーム画面を右にスワイプしたら表示される、元々のウィジットとかSpotlight検索とかの所、いわゆるToday画面に大をスタックして置いてます
中身は、なんとなくはいったままの株価と天気(週間)とショートカットとマップです。

iOS14になってからホーム画面がスッキリできました。

iOS14になるまでは一ページ目に、アプリを詰め込んでいたので、どのアプリがどこにあるのかわからなくて同しようもない状態でしたが、iOS14になって断捨離を行い、まったく使ってないやつはアンインストールして極稀に使ってるやつはAppライブラリへ、よく使うと時々使うアプリで1ページ目設置して今の状態です。

皆様もiOS14に更新したのを、いい機会としてホーム画面のリフォームしてみませんか?
Appライブラリという機能も増えているのでホーム画面の模様替えを行ういい機会だと思います!

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123