iPhoneの話

画面操作ができないiPhoneはただの置物です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

タッチ不良について少しだけ、お話させてください。
先日あった修理依頼で合った実例ですね
今朝突然にiPhoneの画面の上部から3割くらいの範囲が操作出来ない状態になった、とう言う状況でした。

 

今回のお客様は、今朝突然に操作できなくなったので、彼女のiPhoneを借りて
職場の近くのiPhone修理屋を探してiatQ博多店へ、ご来店していただきました。
下側に割れがありますが、古傷らしく長らく問題なく操作出来ていたそうです。
この時にお客様と喋りながら修理をしていたのですが
ある日突然、操作が出来なくなると、単純に困りますよね。
iPhone・スマホは一種の生活必需品の一つというか
家電では無いですが現在の三種の神器、当たり前に持っているべき物みたいな扱いです。
今はiPhoneやスマホが無い生活は不便そうで想像できないですが、数年前には無かったんですよね。

そんなこんなで画面の交換作業も終わり、お客様も満足してお帰りになりました。

 

画面操作ができなくなったらどうなる?

指紋認証や顔認証を設定していても、再起動含め定期的にパスワードを要求されます
もしパスワードを打ち込むに必要な部分がタッチ出来ないとそのまま使えなくなります。
設定次第ではパスロック解除失敗しすぎると初期化する設定をオンにしてる方もいますね。

画面の操作の出来ないiPhoneやスマホはもう、ただの長方形の固くていい感じの重量のある物体です。
もちろん修理すれば文明の利器として復活します

どうすれば予防出来る?

落下させない、衝撃を与えない、圧力をかけない、水に濡らさない。
画面の故障させない当たり前の事、iPhoneは精密機器ですから大切に使う事ですね

タッチ不良の原因は大まかに画面パーツの故障と基盤側の故障の2種類あります。
大体が衝撃等で画面が故障してタッチが効かないが大半だと思いますが
極稀に基盤側が損傷してる人もいます、新しい画面に取り替えてもタッチが効かない。
そんな事があれば基盤側の故障の可能性がとても高いですね。

上記の衝撃や圧力や水没に気をつけていたら、基盤をダメにしようと思っても、なかなか出来ないです
基本的にiPhoneは頑丈なんです、でもやはり人が作った物なので、基盤のハンダ付け含めコンデンサの劣化は存在します。

あとは意図的に基盤をダメにするにしても、iPhone を持てないレベルの高温に長時間加熱、冷凍。←わざわざやろうと思わないとやらない
偶発的に起きうるとしたら、真夏の直射日光下に放置とか車内に放置、真冬の屋外に放置。とかでしょうか?

正直、いろんな対策してるし気をつけているから、大丈夫と言えないのがiPhoneの故障です。
不意に落として割る、踏んでしまう、水没させてしまう、全て事故ですね
ケースやフィルムやコーティング等対策はバッチリでも、起きるときは起きるそんな事故です。
大体の故障はお金と時間さえかければ修理可能です
ただ修理費が新品のiPhoneに迫るような金額だと買い直すほうがいいですよね。

そんな時の為に先回りして、こんな記事があるんです
税込6050円で1年間保証、博多店なら加入特典でバッテリー交換割引5000円分もセットで付いて提供してるので
実質1050円で加入できる新サービスです。
お得です、今回の少し記事で触れたお客様も機種変前にバッテリー交換しといてもいいかな、という具合で加入してもらえたので
調子にのってご紹介しました。

そんな感じで今回はここまで。

 

iPhoneの突然の不調、故障、なにか困った事が有りましたら気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123

コメントを残す

*