Pocket

まず初めに

Apple公式様のお言葉

「iPhone のお手入れに消毒剤を使っても大丈夫ですか?」

70%イソプロピルアルコール含有ワイプやクロロックス除菌ワイプ (Clorox Disinfecting Wipes) を使い、iPhone の外表面を優しく拭き取る分にはかまいません。漂白剤 (ブリーチ) は使わないでください。開口部に湿気や水分が入り込まないようにご注意ください。また、洗剤類の中に iPhone を浸さないでください。
-Apple公式ページ 

iPhone、水洗い、ダメ、ゼッタイ。

いつも使っているiPhone汚れていたら拭いたりしますよね。
そしてiPhone を水洗いする人が水没して来店することがあります。

iPhoneは水洗いはダメです。

他所の修理屋さんも言っていると思いますが
iPhoneは防水ではありません、iPhoneは耐水です。
完全防水じゃないので、仕組み的に多少水が内部に入りにくくしてるだけです。
購入直後もですが、使用していると経年劣化と衝撃とかで耐水性能が劣化して
さらに水没しやすくなります

あとApple公式が言っている通り洗剤を使って洗う事も、もちろんダメです。
お風呂やシャワーなんて、洗剤含む水が飛び交うんです
銃撃戦してるど真ん中で、健康的な太極拳してるみたいなもんですよ。

どうすればいいの?

普通に拭いても取れない汚れがある場合は
iPhone に直接、水や除菌アルコールを吹きかけたりせず
綺麗で柔らかい布等を除菌アルコール等で湿らせてから拭き取りましょう。
その後乾いた布等で乾拭きしましょう。

因みに画面が割れている場合は、アルコールや水分を含んだ布で拭いたら
水没する可能性があるので要注意です、今年の初め頃のコロナ騒動の時に
画面が割れていたiPhoneにアルコールをぶっかけて消毒したら壊れた事案を
何回か修理しました。

スマホ用のウェットティッシュで拭いたり
メガネとかスマホ拭くやつ使ったり(マイクロファイバーとかのクリーニングクロス)
普段やる手入れなんて、こんなもんですよね。

因みにティッシュは品質にもよりますが画面を傷つけたり、拭き跡に細い繊維が残ってしまう物もあります。
なので基本的にやめたほうが良いです。
スマホ用のクリーニングクロスなんて100円ショップとかでも買えるのでソッチのほうがいいですよね。

iPhoneの手入れ

まず掃除をする前に。

  • iPhoneの電源を切る。
  • iPhone に外部から接続されている物を全て外す。
    充電ケーブルやワイヤレス等含む各種外部デバイス系。
  • スプレー式の液体クリーナーや漂白剤やその他洗剤や研磨剤を使わない
    使うとしてもスマホ専用のウェットティッシュとかで良いです、最近だとスマホ除菌用のウェットティッシュとかあると思います。
  • 飲み水等がこぼれる可能性がある状態や水没の恐れのある所で掃除しない。
  • 割れた画面は絶対に濡らさない。

用意するもの

  • 綿棒
  • 爪楊枝
  • 歯ブラシ
  • 消毒用アルコール
  • クリーニングクロス(清潔な柔らかい布)

お手入れなんて、このくらいあればOKっすね。

そして、あったら便利というか最強なのが

  • 100均のスライムっぽいジェルクリーナー

こいつ便利、ホコリや軽いゴミくらいならこいつだけで取れます
こびりついてるやつも綿棒とかブラシや爪楊枝で掃除した後に残ったゴミの破片の回収も楽です。
ゴミを吹き飛ばす用のエアダスターとかブロワーが無く済みます。

そろそろiPhone掃除開始

まずは外表面部分、つまり画面、背面、側面、カメラレンズ等

画面とか背面とかカメラレンズを拭いたりは、Appleが言っている様に。
柔らかい布、クリーニングクロス等で優しく拭きましょう
汚れが落ちにくい場合はスマホ用や除菌用アルコール等で
iPhoneに直接つけず、柔らかい布等を湿らせてから優しく拭いましょう。

Appleが言ってました。(2回目)
外表面部分はこれでOKでしょう。
あとは外表面だとカメラのレンズガラスと背面との境目とかの部分とか、その他窪みとかは
乾いたブラシ等で優しく汚れを落とす良いです
そして例のスライムっぽいジェルクリーナー

拭くだけじゃダメな場合

画面側を拭き掃除しても、掃除しきれない部分があるとしたら
画面のイヤスピーカーやホームボタン
底面の充電口やイヤホンジャックやマイクやスピーカー
この辺でしょうか?

充電口以外は綿棒とブラシとスライムっぽいジェルクリーナーで簡単です。

底面の細かい穴にジェルクリーナ-を押し込むのは注意が必要です。下手すると
スライムっぽい何かをほじくり出す作業をすることになるので
あくまで優しく取り扱ってください

手順としてはブラシでゴミを落としてその破片をスライムジェルクリーナーでとる。
こびりついた汚れは爪楊枝等でやさしく剥がす。
そしてスライムジェルクリーナーでとる。

充電口やイヤホンジャックの掃除

充電口の中にホコリやゴミが詰まる事があります。
充電ケーブルが上手く刺さらない、そして充電出来ない時に
中を掃除すると、ゴミがボロボロ落ちてくる事もあります。

ケーブルを挿しても、緩くてガタガタ動く
接触が悪い、充電が付いたり消えたりする。

この場合は充電口が、劣化して緩くなって
ダメになってしまっている場合があります
この場合はパーツ交換を行えば直ります。

充電口やイヤホンジャックを掃除する際は
ブラシや爪楊枝等を使って
慎重かつ丁寧にやさしく掃除しましょう。
中にゴミが詰まっていても、つよく力を入れたらダメです。
中には端子やら充電するための物があります。
傷つけたり折り曲げたりすると接続も充電できなくなります。

そして最後に仕上げにクリーニングクロスクロス等で全体を拭き上げで終了。

まとめ

iPhoneは精密機器なので水は厳禁(水没や充電口の端子が錆びる)
硬い物だとiPhone に傷が入る
手垢とホコリが思ったより隙間に入る。
100均のジェルクリーナーは便利。

筆者のiPhoneは例のスライムっぽいジェルクリーナーで私物のPC掃除のついでにiPhoneも掃除してます。
掃除はめんどくさい。
定期的に掃除してると楽で良いです。

ここまで。

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123