iPhone修理

バッテリー交換の見極めのススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

バッテリー交換っていつするべきか悩みますよね。
Appleはバッテリーの状態が80%を切ったら交換推奨としています。

Apple公式サポート
https://support.apple.com/ja-jp/HT208387

うん長い、三行でまとめます

バッテリーは使い方と経年で劣化する消耗品だよ!
バッテリーが劣化するといろんな不具合が起きるよ!
不具合が起きたら危険な状態だから、ピークパフォーマンス管理があるよ!

こんな感じです。

まず「設定」を開き
少し下にある「バッテリー」をタップ
そして「バッテリーの状態」をタップ

そうしたら「最大容量」と「ピークパフォーマンス性能」があります。

「最大容量」のバッテリーの状態80%を切るか
「ピークパフォーマンス性能」サービスモードで発動してしまっている場合は
交換したほうが良い状態です。

「最大容量」はあくまで目安です、たとえ90%でも使い方次第では劣化は進みます。

ピークパフォーマンス性能がサービス状態の場合は
「なんか性能さがった?」みたいな感じになります。

バッテリーの劣化による電力供給の性能低下等に対応するため
iPhoneの性能を下げて不具合の発生を防ごうとします。
勝手に再起動しまくったり、バッテリーが超高温状態とか。

結局は、使用者の使い方と
バッテリーの減り具合の体感が大事です

バッテリーの減りが大分早くなった。
ピークパフォーマンス性能がサービスモードになった。
こんな感じになったら、バッテリー交換したほうが良い可能性が高いです。

今回はここまで

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123

コメントを残す

*