iPhone修理

他店で修理したiPhone7の診断、実はホームボタンも修理できるんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今回は同業の他店で修理してもらったが
その後の説明の意味がよくわからなくて
iatQ博多店へ相談に来店したお客様の事例のお話。

 

お客様が家で放置してたiPhone7を、使おうとしたら電源が入らず
職場近くの店へ修理に行き、バッテリー交換とついでに割れた画面の修理を依頼。

電源が入り、使えるようになったと思ったら
ホームボタンが使用不能になっていたらしく
その修理した店の説明だと画面割れの時か使ってない間に壊れたんじゃない?
みたいな感じだったらしい

でも使わなくなる前までは画面割れてても
普通に画面操作もホームボタンも使えていたので
少し納得できず、当店までご相談へ。

 

お客様とiPhone7の中身チェック

実際にiPhone7の中を、お客様と確認
すぐ目に見える粗は特になくて中身に問題は無いように見える
ただ現実的にホームボタンが使えない状態。

ホームボタンは脆いので、技術的に未熟な修理担当だと
交換時に破損させてしまう事が多々あります
画面修理の難しい部分ですね。

検証として、ホームボタンの断線等のチェックと
画面側の不良の可能性もあるので別の画面につけてみてのテストや
ソフトウェアの不具合もよくあるのでiOSのアップデート等を行いました。

結果

お客様と会話を交えつつ、一緒に検証した結果
可能性として、元々のホームボタンの故障
よく稀にあるソフトウェアの不具合、iOSの機能不全も時々ある
そして修理ミスによるホームボタンの感圧センサーの破損。

正直言えば、ホームボタン取り外し失敗の感圧センサーのチップの破損が可能性高そうでした。
が断定は難しいところです。

なので今後できる方針としては
iOSのアップデートをしてダメだったので
可能性は低いですが、ダメ元で、iPhoneの初期化か

互換パーツのホームボタンで指紋認証を諦めて
その他のホームボタンの機能を復帰させること。

あとはホームボタンを修理できる専門の業者へ依頼を出すこと
但しコレは時間とそれなりのお金が必要なので折り合いが付く場合ですね。

今回は時間は掛かっても良いので、との事だったので
実績のある中国の専門業者へホームボタンを送り、最終的に無事修理完了。

 

まとめ

修理前に電源が入らないiPhoneだと動作確認できないので
修理前と後で何処が壊れていたのか壊れていないのか
確定できないとしても、放り出すのではなくて
お客様へしっかりと説明と今後の方針を検討するのが大事です。

 

 

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*