iPhoneアプリ

iOS14で出来るホーム画面の模様替え、ウィジットアプリ編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

iOS14からホーム画面のカスタマイズが充実。

iOS14になってからホーム画面の模様替えがしやすくなりました。

以前も記事にした、Appライブラリは普段は全く使わないアプリ等を収納し
整理しやすく、ホーム画面をスッキリさせたり
そしてウィジットは配置することにより機能性を増やすと同時に
レイアウトをカスタマイズ等出来るようになりました。

そして最近ではウィジット用のアプリが増えてきています
もちろんApple純正のウィジットも便利ですが
Google系やYahoo系もアプリもウィジット含めて便利な物が多いです。

他にも機能面でオススメなウィジット付きのアプリもありますが
今回は模様替え的な方向で。

ホーム画面、模様替え用ウィジット

時計やバッテリー残量、カレンダー等のウィジットの背景を
好きな写真や画像に変えれるアプリが何種類もあります
買い切り課金制だったりサブスク型課金だったりと
無料の広告いっぱいな奴も多いですね、広告を見たら使えるようになるとかも

この辺りのアプリはデザインで選ぶのが良いので
自分が使いたいと思う物を使うのが良いと思います。

そんな写真ウィジット系のアプリを使う時
レイアウトやデザインの為に、ホーム画面の背景と
同化させたいと思ったことありませんか?

そんな時はこれです。

Yidget – 透明Widget

透明ウィジット、正確には擬似的に透明っぽくするために
背景に使っている写真や画像をトリミングして
ウィジット用のサイズの画像を作れる補助的なアプリです。

使い方はアプリ内で、チュートリアルの「使い方」やヒントを見たり
アプリ名(Yidget  透明ウィジット)とかで検索すると
解説動画とかもあるので、文章と画像で見るより
動画やアプリ内の解説がわかりやすいです。

透明ウィジットを、どう活用できるか

たとえ便利なウィジットでも、見た目がごちゃごちゃしてて
普段は見た目を隠したい、みたいな場合があれば
そのウィジットの位置に合う、透明ウィジットをスタックで被せて
背景と上手く同化させることが可能。

画像はわかりやすい様にウィジットに名前がついていますが
現バージョンでは名前部分「Yidget」のところが空白状態で透明です。

レイアウト的な意味でも、実用的な意味でも
アプリのアイコンの配置を下側や左右に寄せたい時に
透明ウィジットを配置して無理やりアイコンを片側に寄せたり
下側に寄せたりもできます。

応用として純正のショートカットを利用して透明な隠しアプリアイコンも作れます。
隠しアプリとかなんかロマンを感じます。

欠点としては

動くダイナミック背景等にに未対応。

ライトモード、ダークモードに切り替わると
背景の色が変化する場合も未対応。

Appleが公式に空白を配置出来るようにしてくれたら
いいのになぁ。

 

今回はココまで。

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123

コメントを残す

*