Pocket

ある日、使ってるiPhoneが、なぜか充電ができなくなった
落としてもないし、水没させたわけでもない
原因不明で突然、充電不能状態は発生します。

その時の原因は、消去法みたいな感じで
一つ一つ可能性を探るのが手っ取り早いです。

なんで充電できないのか?

まずiPhone自体が悪いのか
充電環境が悪いのかを調べましょう。

USBアダプターやLightningケーブルは消耗品で、よく駄目になります。
実際に私達、修理屋に持ってきて動作確認すると
店舗の充電器で普通に充電出来てしまうっていう人はとても多いです。

なので、まずは複数の充電器等でも試す事も大事です。
バッテリーが突然ダメになることもありますが
ケーブルとアダプターが突然ダメになる場合も多いです。

そして、充電アダプターも充電ケーブルも問題無い場合が
iPhone本体がアヤシイ状態ですね
この時点で充電を出来てないiPhoneは
電池切れになっている可能性もあるので
ぶっちゃけ修理屋に持っていくのが選択肢になります。

原因として良くある順は

  1. バッテリーの劣化
  2. ドックコネクターの劣化
  3. 基盤の損傷

バッテリーの劣化

なんだかんだで、バッテリー劣化が原因なのが多い
劣化して充電不能状態ってやつです。
これはほぼバッテリー交換すると直る。

バッテリーの劣化を抑える為に
健康的に充電するって言っても
急速充電とかしてる時点でアウトなので
諦めましょう、バッテリーは消耗品と
わりきって快適に使うのも正しい

ドックコネクターの劣化

続いてはドックコネクター、
ケーブル抜き差し繰り返すので
普通に損耗して経年劣化するとも言える部分
抜き差しする時にしっかり、まっすぐ抜く事
充電している時にiPhoneを動かさない事
それで損耗を最小限に抑えれますが

神経質になるとストレスがヤバいので気にせず使いましょう。
バッテリーと同じく長く使うならいつかは交換する必要が出ます。

基盤の損傷

バッテリーやドックコネクタが原因でなければ
基盤が損傷してる可能性が高くなります

お預かりして専門の基板屋に依頼するので
修理費が高いです。

基盤修理は完全に技術と専用設備の世界なので
修理箇所が増えるごとに、ポンポンと料金があがります。

そして充電不能は、だいたいコンデンサのショートが原因なので
お金さえ出せば直る、故障です。

予算とその端末の価値との相談ですね。

まとめ

充電できない場合は、まずは充電環境の確認
Lightningケーブルと充電用USBアダプターが壊れていないか?

その後は修理屋ですが、目の前で修理してくれる所がいいです。

じゃないと実際に何処が壊れていたのかわからないです。
バッテリーとドックコネクターは一緒に壊れることも多いですが
それでも、どっちかだけ壊れてる事のほうが多いです。

それに見えない所でiPhone触られるのは怖いですからね。

今回はここまで。

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123