Pocket

iPhoneは寒がりなんです、冷やしてると人と同じ様に動きが鈍くなるんです

そしてその状態が続くとバッテリーの劣化が早くなったりしちゃいます
夏も熱くなりすぎると損耗が早くなったり熱暴走しちゃったりありますよね

iPhoneがと言うよりは、リチウムイオン電池のバッテリーがデリケートなんです。
寒すぎたり暑すぎたりするとダメなところは人と同じなんです

Apple公式の正常動作保証の周辺温度は0°~35°なのでこのくらい。
そしてiPhoneの理想的な環境は室温16°~22°くらいです。

人とあんまり変わらないですね。

 

寒いとダメならどうする?

A、ゆっくりじっくり人肌で温める。

これだけです。

急激に温める、はダメです。
カイロだとかドライヤーとかもダメです。
もちろん火気厳禁です
コンロとかライターとかストーブとかヒーターとか

なんでかと言うと、バッテリーが急激に熱くなると
バッテリーが膨らんだりする原因になる、と言われています。

 

かと言って、常にiPhoneを温めて使うとか無理なんで
気にせず使うのが、ストレスも手間も無くて良いです。
バッテリーは消耗品です、だめになったら
バッテリー交換か新品に機種変すればいいんです。
と割り切るのが精神的にも良いとおもいます。
いろんな事気にしてiPhone使うのは、めんどくさいですから

ただ急激に温めるのは事故に繋がりますのでやめましょう。

 

※電子レンジはバッテリーだけじゃなくて確実にiPhoneがぶっ壊れます。

バッテリーが寒さに負けて劣化して弱くなります

寒い時期になると劣化したバッテリーだと更に充電の持ちが悪くなるので
ある意味だとバッテリーの交換時期の判断がわかりやすくなるかもしれませんね。

寒くなってバッテリーの減りが早すぎる場合は
バッテリーの状態を確認したり
電力消費のアプリリストを見たりして
改善でき無さそうであれば
交換する時期の可能性が高いです。

iatQ博多店ではiPhone8シリーズまでは税込み5,000円
それ以降もiPhone11シリーズまで即日交換可能!
iPhone12シリーズは要相談です。

 

今回はここまで。

 

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123