Pocket

どうもiPhone修理のiatQ博多店です。
やはりiPhoneのバッテリーの劣化は
どんな時でも避けて通れない物です。

iPhoneのバッテリーは低温にも弱い。

寒い時期になると、気温の低下によって
バッテリーも冷えて、発電効率が下がるので
わかりやすく劣化の症状が出てくるのでしょう。

なので既に劣化が進んでいるバッテリーの場合
寒くなる前から早かったバッテリー切れが
寒い時期になると、更に早くなる場合が多いです。

12月からの冷え込み

先日もiPhone7のバッテリー交換を行いましたが
12月に入ってから急激にバッテリーの消費が
早くなった気がする、と言っていたので
やはりバッテリーの劣化がさらに表面化し
体感でもはっきりと冬の寒さでバッテリーが
弱まっているのが、確認できるんです。

じゃあ温めれば良い?

バッテリーを温めるにしても人肌で温めるくらいがベストです。
バッテリーの急激な温度変化はバッテリー内部で
ガスが発生する可能性が高まると言われています。
また高温はiPhoneが壊れる原因になるので要注意です。

なので人肌くらいの温度でじっくり温める程度で良いですが。

正直そんな事を、するのがめんどくさいので
バッテリーは消耗品だと割り切って
定期的にバッテリー交換をするのが
ストレスフリーで良いと思います。

iPhoneバッテリー交換を検討中の方はご相談ください。
バッテリーの減りが早い時は、バッテリーの劣化なのか
システム上の不具合なのか、使い方なのか。
いろんなパターンがあります、なのでまずはご相談をください。

 

 

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123