Pocket

どうもiatQ博多店です
今回はiPhoneの電源が勝手に切れる症状についてです

唐突に勝手に再起動する症状

リンゴループでは無く、定期的、継続的に
勝手に電源が落ちてしまう不具合があります。

そういう時は、高い確率でバッテリーが劣化したか
バッテリーが故障している場合の症状です。

なので大抵の場合はバッテリー交換すれば改善する事が多いです。

おそらくそういう症状が出ている端末は
パフォーマンス管理状態になっていると思います。

もしパフォーマンス管理状態に
なってない場合は最悪の場合は基盤損傷や
iOS側の不具合の可能性もあります。

パフォーマンス管理の状態を確認するには

[設定]開き、[バッテリー]をタップ
そこの[バッテリーの状態]の右の所に
[サービス]と表示されている場合がそれですね。

そして[バッテリーの状態]をタップすると
最大容量やピークパフォーマンス性能等の項目があります。

ここの最大容量のパーセントがバッテリーの劣化具合の目安です
あくまで目安なので、過信は禁物ですね。

そしてピークパフォーマンス性能のところに
表示されるこの部分に

「このiPhoneで、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。この現象が再度発生しないように、パフォーマンス管理が適用されました。」

とこんな感じで表示されます。
もちろん無効にすることも可能です。

勝手に再起動してめんどくさい、サービス状態だけど、どうすればいい?

この場合は試してみるべきなのは、バッテリー交換です。

バッテリー交換をする場合は

  • Apple公式サポートで交換依頼

一番安心なのはApple公式サービスですよね、
初期化と代替え機確保が必須です。

  • 近くのiPhone修理屋に交換依頼

手っ取り早いのが近所の修理屋へ依頼。
即日で初期化無しでバッテリー交換できます。
Apple公式よりもリーズナブルな場合が多い。

修理屋に依頼する場合は
お店は慎重に選びましょう
金額を明確に答えれて

実績のあるお店が安心です。

  • 自分でバッテリーを交換する

自分で交換すると一番安上がりですが
めんどくさいしバッテリー購入も必要だし
作業失敗の時のリスクも一番高いですね。

どれが良いの

AppleCare+に入っているなら使ったほうが良いです。

電話で問い合わせしてみて、ネットで調べてみて
大丈夫そうな店が近くにあるなら、そのお店でも良いかもしれません。

iPhoneの構造に詳しく、バッテリーの性質を理解し
自損等のいろんなリスクや危険性も理解出来ている
ならば自分でやるのもいいと思います。

自身に合った方法でバッテリー交換をするのが
一番良いです。

 

 

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123