iPhone修理 画面割れ

iPhoneの画面の液晶漏れは危険、有機ELの画面は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

どうもiPhone修理のiatQ博多店です。
今回は液晶画面のiPhoneの液晶漏れの注意点です。

液晶漏れとは?

そのまま液晶パネルが損傷して中の液が模で出てる状態です。

画面の色がおかしくなったり、線が入ったり
タッチが効かなくなったり、黒い墨汁みたいなのがたれてるように見えたり
とにかく画面がおかしくなります。

液晶漏れは危険

iPhoneで液晶画面を採用しているシリーズは

iPhone8までのシリーズと。
XRやSE第二世代も液晶画面搭載です。
それ以外のXやXSや11や12のシリーズは有機EL画面を採用しています。

液晶漏れの何が危険か

液漏れ状態は液晶画面のiPhoneに発生します。
字で書いたまま液体が漏れ出てくる状態です。
放置していくと液晶漏れが悪化しつづけ
最終的に画面が完全に使えなくなるのはもちろん。

内部に液体がもれでて基盤やその他パーツを浸蝕していきます。
その結果基盤やその他のパーツの故障の原因になります。

いわゆる水没と言われる状態にもなる可能性が高くなります。

なので液晶漏れの症状が出た場合は
できるだけ早めに修理することと

バックアップが出来る状態ならば
必ずバックアップしておく事が大切です。

有機EL画面のシリーズは?

有機ELも破損すると液晶漏れに似たような症状が起きますが
液晶の様に液体は無いので液晶漏れでは有りません。

ただ有機ELはその様な状態になると
基本的にタッチは一切効かなくなる場合が多いので
基本的に修理行きになると思われます。

 

今回はココまで。

 

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*