Pocket

どうもiPhone修理のiatQ博多店です。
今回はXRの画面割れ&ゴーストタッチですね。

以前から何度かご利用いただいているお客様のご紹介で
薬院方面にお住まいのお客様でした。

XRの画面割れ、ゴーストタッチとは?

iPhoneの液晶タイプの画面って運が良ければ
割れていても。普通に操作可能な場合もあります

バキバキの画面で、見にくいけど
普通に操作出来るからそのまま使っている人も
時折見かけたりしますよね。

今回のお客様も1回目に落としたときは画面が割れちゃったけれど
操作は普通にできていたので、そのまま使っていたらしいです

ですが2回目に落とした時に割れが広がり
操作すると時々画面上部にゴーストタッチ現象が起きて
Twitterやwebサイトみていると一番上へスクロールで戻されるという
ストレスマッハになるような現象に悩まされていた様でした。

今回は画面交換を行い、ゴーストタッチも無事収まり
正常にiPhoneを使う事ができるようになりました。

画面交換とフィルム貼りで合わせて15分ほどで全行程の完了です。

ゴーストタッチとは

操作していないのに、iPhoneが勝手に操作されてしまう現象です。
お化けが操作しているように見えるためゴーストタッチと呼ばれています。

ゴーストタッチの原因は、主に画面パーツの故障、時にはiOSの不具合、熱暴走による不具合。
その他、外的要因ならば画面フィルムの不良や表面に付着している異物(水とか)が原因だったりもあります。

故障でも無く同じ症状になることもあります。
画面をタップで開く設定にしていてポケットの中に入れていると
ポケット内で静電気や埃等の異物でタッチ操作されたと認識して
気がついたらポケット内でパス解除を連続で失敗している事例も多々あります。

ゴーストタッチが引き起こす悲劇

ゴーストタッチによる致命的な事態は
ロック解除画面でゴーストタッチが発生して気が付かないうちに
ロック解除の入力失敗を勝手に繰り返し。
合計10回以上失敗してiPhoneが完全にロックされて
結果的に初期化するしか無いない状態になってしまう事です。

これはパスコード解除を11回以上連続で失敗した際に陥る悲劇です。
本来は盗難対策ですが、ゴーストタッチによって11回連続で失敗して
「このiPhoneは使用できません、iTunesに接続」と言う画面になると
iPhoneを初期化するしか無いということです。

初期化の悲劇を回避する方法

11回連続失敗でデータを初期化する設定の場合は
初期化の安全装置があります。

6回連続で失敗すると1分間の操作停止時間が発生します
7回連続失敗で5分
8回連続失敗で15分
9回連続失敗で60分
10回連続失敗も60分
11回連続失敗で操作不能で、初期化しないとiPhoneが使えなくなります。

もし故障で意図せず操作停止画面になっているなら
まず電源を切って修理屋に持ち込むのが大事です。

もしくは最初から

「設定」→「FaceID(TouchID)とパスコード」の下の方にある
データを消去」をオフにしておけば初期化は免れるようになります。
但しこの場合盗難されてパスコードを突破される危険もあります。

なので「iPhoneを探す」は必ずオンにして遠隔初期化が可能な状態にしておきましょう。

設定とか面倒くさい?
ならばiCloudのオンラインストレージを拡張して
バックアップを常に正常に取れる状態にしておけば
初期化時の被害はある程度で済みます。

なのでバックアップは必ず出来る状態にしておいてください。
iCloud は初期で5ギガしか容量が無いので足りなくなるので
サブスクリプションで毎月維持費は増えますが便利なので拡張すると良しですね。

まとめ

ゴーストタッチは最悪の場合はiPhoneを初期化させる危険性のある症状です
画面の故障でゴーストタッチが発生している場合
画面割れの悪化や水濡れで症状が悪化して突然ゴーストタッチば暴走し続けて
ロック解除失敗しまくる場合もあるので症状が出た場合は早めに
Apple公式サポートやお近くのiPhone修理屋等にお問い合わせください。

 

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123