Pocket

運動不足を解消しようとして、筋トレして筋肉痛で腹筋がヤバい
iPhone修理のiatQ博多店のスタッフがお送りします。

液晶割れ、液晶漏れも両方修理可能です。

液晶の破損は、画面に線が入ったり、色がカラフルになったり
黒いシミが出来たりして、いかにも壊れたみたいな状態になります。

ですが液晶の破損は、画面交換で修理可能です。

なので液晶が壊れて画面がおかしくなっていても
お近くのiPhone修理屋に持ち込めば、ほぼ即日修理してくれると思われます。
少なくとも福岡iatQグループ店では、画面の在庫が有る限り先着順で即日修理です。

液晶破損時に注意すること

液晶タイプのiPhoneは表面の画面が割れたりしても
タッチが可能な場合もありますが、液晶の破損はほぼタッチ不良とセットで
液晶の破損≠タッチ操作不良みたいな関係性があります。

なので液晶が破損して画面全体や一部が見えない場合は
ゴーストタッチで画面ロック解除失敗が暴発している危険があるので
強制終了で電源を落としましょう。

ゴーストタッチに注意

ゴーストタッチとは
誰も触ってない場所がタッチ操作されて
お化けが操作してるような現象の事です。

ゴーストタッチが発生すると、まともに操作できなくなって
ストレスが溜まるし、電話等の誤操作で他者に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

さらに上記でも書きましたが画面ロック解除画面で
ゴーストタッチが発生するとロック解除ミスを連続で失敗し続けて
気がついたときにはiPhoneが操作できなくなって
iPhoneを初期化するしかない、ペナルティーを受ける事もあります。

なので液晶が破損したとき、画面の状態を確認出来ないならば
強制終了を駆使してiPhoneを電源をオフにしておきましょう。

iPhoneの強制電源オフのやり方

覚えておこう、強制終了のやりかた。

iPhone5、5S、SE、6,6S
スリープボタン&ホームボタンを同時に長押しで強制終了

iPhone7シリーズ
サイドボタン&音量下げるボタンを同時に長押しで強制終了

 

iPhone8以降のiPhone

①音量上げるボタン一回押す

②音量下げるボタン一回押す

③サイドボタン長押しで強制終了

①②③とテンポよくコマンド入力する感覚で
③のサイドボタンはそれなりに長めに押し続けていれば
画面が真っ暗になって終了します。

まとめ

液晶割れの怖いところは
ゴーストタッチが気が付かないうちに発生して
iPhoneを使用不可能にするのが一番恐ろしいので
自分のiPhoneの強制終了の方法は把握しておくと
万が一の際に役に立ちます。

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123