Pocket

リンゴマークが出たり、消えたり

リンゴマークが永遠と、出ては消えてを繰り返す
そういったループ状態になる事象は

俗に「リンゴループ」と呼称されています。

このリンゴループは様々な原因がありますが

だいたい唐突に発生してお手上げ状態になります。

リンゴループの原因?解決法の1つ

リンゴループには様々な原因があり、修復不可な場合もありますが
今回の例は、簡単なパーツ故障からのリンゴループという例です。

ご近所の春吉にお住まいのお客様に来店してもらった際に
iPhone 8が朝起きたらリンゴループ状態との事で当店へ持ち込まれました。
預かってまず試したことは、新しい画面と新しいバッテリーを仮付けしての起動です。
すると正常に起動したので、原因は元々の画面かバッテリーの何方かです
その後、原因を特定するために数パターン試すと
画面に装着されていたインカメラパーツが原因で
リンゴループ状態でした。

あとは新しいインカメラに交換して修理完了です。

こんな具合にパーツ交換でリンゴループ状態から脱せれる事も稀にあります。

ですがリンゴループに陥った事実が有るので
本体に何かしらの不具合がある可能性もあります。
最悪の場合、また同じ様にインカメラパーツを破損させて
リンゴループが再発する可能性も否定できません。

リンゴループをApple公式サポートで修理する場合

Appleサポートに問い合わせても、要約すると
「初期化してください。」と言われるだけです。

しかし初期化しても、ハード面、パーツや基板損傷の可能性があるので
改めて予約して修理に出すか、新しいiPhone買ってねと案内されると思われます。

もし私達iPhone修理屋がリンゴループに対処する場合は

まず原因の予想と特定する所からになります。

街の修理屋がその場で出来るリンゴループ脱出は
基本的にパーツの故障や不具合の場合のみです。

バッテリーの不具合やカメラパーツの損傷、TouchID、FaceIDの損傷等で
リンゴループが発生しているパターンもあります。

この場合は原因のパーツを交換したり、最悪外した状態であれば起動するので
その間にバックアップや引き継ぎ等してもらうという形を取ることも可能です。

現場で対処出来ない状態のリンゴループ

できることは、お客様から聞いた状況から
原因を予測し、診断する所までです。

その後の行動の選択肢を提案する事くらいまでです。
基板損傷の可能性があるなら基板修理屋への仲介
いくら払ってでもデータを取り出したいならデータ復旧業者へ
初期化を試すならば初期化を、Appleに持ち込むならAppleへ。
という形になります。

リンゴループは難しい

リンゴループは原因不明から始まるパターンが多く
意外と難しい症例なんです。

初期化して駄目なら、基板修理か買い替えかっていうのが手っ取り早いですが
少ない可能性でも直る可能性が有るならば検証して
リンゴループから復帰させることを目標として作業に取り掛かるように心がけています。

ですが、お客様の期待に完全に答える事が出来ない事も多いです。

今後も勉強しながら技術向上を邁進しつつ、日々iPhone修理屋としてがんばります。

 

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123