Pocket

iPhoneの画面が割れていると、耐久力はガクッと下がります。

どうもおはようございます、iPhone修理のiatQ博多店のスタッフです。

iPhoneの画面って割れていても、タッチ操作できるし
見にくいだけで映像も問題がない事ってありますよね。
ですが、その状態は危険なんです。

割れているiPhoneの画面の危険性

はい、まず何が言いたいかと言うと当店でiPhoneの画面修理しませんか?
iPhoneの画面が割れている状態の何が危険かを簡単にお伝えします

  • 割れた画面の割れ目やガラス片で指先を怪我する危険
  • 割れ目から水滴等で簡単に液晶や内部が水没する可能性
  • 割れが広がることで症状が悪化する可能性
  • 割れた画面だと、iPhoneがAppleの設計した耐久性が皆無の状態

水没含めや耐久が下がった画面の割れたiPhoneを再び落とす事で
その他のパーツも簡単に壊れやすくなる可能性が高いです
基板損傷、カメラ、faceID等で修理するとなると高額になりやすいので
割れた画面のiPhoneは、できれば修理することをオススメします。

前半2つ、指先の怪我と水没

指先の怪我は上から保護フィルム貼っとけば多少は安心
割れ目から水没は細心の注意を払って更に保護フィルム貼っとけば多少安心

あくまで応急処置なのでオススメしませんが。
何もしないより、したほうが良いです。

オススメはソフトタイプの柔らかい保護フィルム
ガラスフィルムだと割れ目等でうまく貼れずタッチできなくなったり
そもそも浮きがあるとガラスフィルムはとても割れやすいんです

後半2つ、症状悪化と耐久性

症状の悪化は割れ目が広がったり
さらに軽い衝撃や多少の水没等で、画面がさらに劣化して画面が破損します。

そのままAppleが設計し想定しているiPhone耐久性を
維持できていないので、簡単に壊れやすくなります。

さらに落下等の強い衝撃を加えてしまうと
iPhoneが設計通りの耐久力がないので衝撃を緩和したり逃しきれずに
画面だけじゃなく、内部まで破損する可能性も高まるといわれています。

下がった耐久性で怖いのは

画面が割れていると主に壊れやすいのは
フェイスID(顔認証)やホームボタン(指紋認証)や基板とカメラです。

どれも修理をすると高額になりやすい箇所なので
1回目の割れで無事だからと油断していると、致命的な故障で
取り返しのつかない事になる事もあります。

そして画面の割れが広がったりして症状が悪化すると
タッチ不良によるゴーストタッチが発生してしまう可能性が高くなります

タッチ不良で操作不能になったり、ゴーストタッチが発生すると
パスコードのロック解除を勝手に失敗し続けて、最悪の場合は
iPhoneの状態がアクティベーションロックされ、初期化する事になります。

なので画面割れは怖い。

まとめ。

1回目にiPhoneの画面が割れてて無事でも油断するとヤバい。
2回目に割れた画面のiPhone落とすと致命傷になりやすい。

でも2回目おとしても無事な時もある
むしろ1回目の落下でiPhoneが使えない様な故障になる時もある

地面「原作に忠実な弐撃決●。二撃目でも仕留めきれない時もある。」
あまり詳しくないですが、OSRバトルのネタは好きでした。

 

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123