Pocket

どうも、博多の住吉通り沿いにあるiPhone修理のiatQ博多店のスタッフです

今回は充電ケーブル(ライトニングケーブル)のお話です。

充電ケーブル(ライトニングケーブル)

純正の充電ケーブルって壊れやすいですよね?
付け根が破けたり断線したりと、なかなかの曲者です。

そのくせ純正品のケーブルは値段が高いです。

しかし安い粗悪な充電ケーブルは電圧が不安定で
iPhone本体やバッテリーにダメージを与え続けます。

ここで大事なのが充電ケーブルの選び方です。
iPhoneに適正な電流を供給できるのも純正品です。
純正品と同等な物は、AppleによるMFi認定を受けている物です

純正品ではないiPhoneの充電ケーブルを選ぶ際のポイント

経験上、100円や300円等の充電ケーブルは駄目です。
特に先端がプラスチックタイプの物は耐久性が低く折れやすいです。
その折れた先端がiPhone側に残ってしまい、修理屋を訪れた方を何度か対応しています。

そして一本500円以下の格安系はケーブルに使われているチップが粗悪品な場合が多いので
壊れやすく、また電圧の制御が甘くてiPhoneに適正が電圧を送ることが出来ず
時にはiPhone側から壊れたケーブル扱いされて充電できなくなることがあります。

Appleが設定している基準のMFi認定
MFi バッジがついているパッケージのケーブルを選びましょう。

AmazonではMFi認定の物はおそらく安い物で800円前後から
一本1000円~1500円くらいの高耐久型の多機能アピールしてるものや
変則的な物が有ると思います。
コンビニ等では1500円~2500円前後くらいで売っていると思います。

充電ケーブルは、良いもの(純正品かMFi認定)を使いましょう。

MFi認証とは

“MFi”とは、「Made For iPhone/iPad/iPod」のこと。これは「iPhoneやiPad、iPodといった機器向けに作られた製品」という意味で、Apple が定める性能基準を満たしている証、すなわちその製品が「Apple公式認定品」であることを示します。

 

まとめ

バッテリー故障の原因になりやすいのは
粗悪な充電ケーブルなので。

充電ケーブルは純正品かMFi認定マークのある
できるだけ良いものを使いましょう。

充電ケーブルの断線や故障による、充電不能のケースはとても多いです。
修理屋へ充電不能の修理に来られたお客様も
月に1回はUSB充電器や充電ケーブル等の充電環境の故障が原因で
充電器やケーブルを変えたら充電出来る事が何度もあります。

もしケーブルが壊れやすいのでしたらMFi認定の高耐久の良い物を使いましょう。

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123