Pocket

どうも博多の住吉にあるiPhone修理のiatQ博多店です。

今回はバッテリーの膨張について少し書いていきます。

バッテリーが膨らんだらどうする?

iPhoneの大切なデータをバックアップしましょう
そして出来るだけ早く、バッテリー交換もしくは、新しい端末に乗り換えましょう。

そのまま使い続けると最悪の場合はバッテリーが膨らみ続けて
iPhoneの画面を破壊するか、さらに最悪の場合はiPhoneが爆発炎上です。

Appleの保証期間内ならばバッテリーの膨張は自然故障で対応できる可能性有り

iPhoneが新品購入1年以内(AppleCare+なら2年)ならば
Appleにバッテリー膨張の自然故障として新品と交換してもらいましょう。

窓口で受け取れたり郵送で先に新端末を送ってくれれば
iOSの「クイックスタート」を活用すれば簡単にデータ引き継ぎできます。
ただ、場合によっては代替え機の準備も必要です
キャリアのサポートや保険に入っていると楽かも?

バッテリー交換をデータ初期化無しで手早くしたい場合

Appleからすると第三者修理と呼ばれる非正規店で
修理はしてほしくはないでしょうが
手っ取り早くて、便利なのでオススメです。

当店、iatQ博多店のようなiPhone修理屋を探し
バッテリー交換を依頼しましょう。
店を選ぶ目安は実績がある事と、修理を実際に見せてもらえる所が良いです。

バッテリーが膨らんで画面を破壊する可能性があるので
画面が浮き上がったりしたら早めに修理しましょう。
悪化して画面を破壊するとバッテリー交換+画面交換で
結果的に修理費が確実に2倍以上になります。

なのでお早めにご相談ください。
iatQ博多店は予約不要即日で目の前修理ですので
気軽に来店とお問い合わせをどうぞ。

そもそもバッテリーが膨らむ原因は?

  • バッテリーの劣化による不具合
  • 極度な高温、低温時によるiPhoneの運用
  • iPhoneの熱暴走によるバッテリーの故障
  • iPhoneの水没によるバッテリーの故障

大雑把に言えば、バッテリーの膨張の仕組みは
リチウムイオン電池が、充電、放電する際の化学反応の不完全になり
ガスが発生して、そのままガスが溜まっていくイメージです。

可燃性のガスなので、もし漏れてしまうと燃えて
最悪の場合はそのままバッテリーに引火して爆発炎上
という結果になります。

バッテリーの膨張は、ある意味で安全装置と警報

バッテリーはガスが発生した場合は外部にガスを漏らさないように
密閉され膨らんでも早々に破れないように作られています。

つまりバッテリーが膨張しているということは
ガスを漏らさないように安全を確保するための仕組みなんです。

まとめ

バッテリーが膨らんだら、とりあえずバックアップ
バッテリー交換するか機種変するか
Appleで本体交換。

悪化するとバッテリーが膨らみ続けて画面を破壊したり
破裂して爆発炎上する可能性もある。

バッテリー膨張した時点で危険な状態なので早急に対応しましょう。

 

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123