Pocket

どうもiPhone修理のiatQ博多店です。
博多店は住吉通り沿いで住吉神社と住吉郵便局の間にあります

なのでお昼時に柳橋の方へ歩いて、渡辺通り側へ行ってお店を探して食べるのですが。
最近は少しヒンヤリするような、寒い日は、よくウエストでうどんを食べていました。
そして毎回頼むのは「高菜葉巻おにぎり」なんですよね。

何らかのうどん+高菜葉巻おにぎりが最強です。

個人的なオススメはかき揚げうどんですね。
かき揚げおいしいです。

さて、今回は先日交換したiPhone7 plus修理した際に
改めてPlusシリーズのバッテリーのデカさを感じた話です。

iPhone7プラスのバッテリーはやっぱり大きい

iPhoneのPlusシリーズは最新型のiPhone12等の
高級モデルと同等か、シリーズによってはそれ以上のバッテリー容量を持っていたりします。

iPhone 12 2,815mAh
iPhone 12 mini 2,227mAh
iPhone SE2 1,812mAh
iPhone 11 3,110mAh
iPhone Xs 2,658mAh
iPhone 7 Plus 2,900mAh
iPhone 6s 1,715mAh

同日に別件でバッテリー交換したiPhone6sのバッテリーと比べると
iPhone7 plusのバッテリーのデカさがわかると思います。

数字上でもiPhone7 plusは2900mAhでiPhone6sは1715mAhですからね。

プラスシリーズやX以降の高級モデルはバッテリーの容量が大きい分、寿命が長い。

バッテリーの寿命は主に満充電の回数、次第です。
Appleはこの充電回数が500回のときに80%を維持出来る様に設計している。
ということですが、この充電回数と言うのはiPhone7 plusで言えば2900mAh分充電したら1回カウントなんです。

満充電というと100%まで充電したら1回?みたいな気もしますが100%分の充電をしたら一回です。

なのでバッテリー残量が残り50%のときに充電を開始して
無操作状態で100%まで充電すれば、50%分の充電なので回数で言えば0.5回分の充電です。

なので、充電回数のカウントもバッテリー容量が多いほうが増えるのが遅く
結果的にバッテリーの劣化もゆっくりになります。
まぁ使い方次第ですが、充電挿しっぱなしで動画やゲームをしていると
そのぶん早くなるので人それぞれですね。

まとめ。

iPhone7 plusのバッテリーはやっぱデカイ。

バッテリー容量は機種選びの際に結構大切な数値なので
機種変を検討されている方は現在使っている端末のバッテリー容量と
機種変する先の端末のバッテリー容量は見比べておくべきです。

最近ではiPhoneXRからiPhone12 miniに機種変したお客様から
バッテリーの減りが速いという相談を受けた事もあります。

最近の端末で言えばiPhoneSE2とiPhone12 miniのバッテリー容量は少なめです。
12 miniは個人的にほしいですが、バッテリー容量を見ると
普通のiPhone12かProあたりでもいいかなぁとおもいますね。

私はゲームも動画も見ているのでバッテリー容量は思ったより重視すべきですが、職業柄バッテリーは交換すりゃ良いとも思っているので
現状ではコスパ的にもiPhoneSE2がちょうど良いですね。

 

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123