Pocket

どうも、博多の住吉通り沿いにある、iPhone修理のiatQ博多店です。

バッテリー交換しても、バッテリーの減りが
新品の頃に比べ早くなっている事が多いです。
理由は簡単です。

アプリが増えているからです。

さらに言えば内部パーツや基板が経年劣化して
電力効率が悪くなっているからです。

使い方や設定次第でバッテリーの消耗速度は変わります。

設定触ったり考えるのが面倒な場合は
iPhoneの「低電力モード」を常時オン状態が良いですね
不便になりますが手っ取り早いです。

バッテリーは、使えば使うほど劣化も早くなります。

基本としてバッテリーは消耗品です

使えば使うほど、充電回数が増えバッテリーの劣化も進みます
そしてバッテリーは経年劣化もします、時と共に徐々に劣化していくのです。
それはバッテリーを取り外して完全放電状態になっても
経年劣化は進み続けます。

バッテリーの消耗速度は周辺環境でも関わります。

例えば厳寒な冬の時期や、猛暑な夏の時期等は
化学反応が上手くできず、バッテリーが上手く発電できず
不意に不具合が発生してしまう事もあります。

熱暴走や起動不良等

iPhoneの使い方や内部環境でも大きく変わります。

バッテリーの消耗速度はアプリの数や
位置情報機能や、データ通信量、CPUの稼働率等
様々な影響を大いに受けます。

よく言う、使い方次第でバッテリーの寿命が云々の一部がこれ。

ぶっちゃけ新品でもアプリ大量にいれているとすぐバッテリーはなくなる。

使用したり、インストールしているアプリ次第です。
一部は設定で改善できます、アプリ次第にはなりますが、ほぼアプリの数=負荷ですね。

あたりまえですが使用時に負荷が重い行動はバッテリー消耗早い

長電話、テレビ電話、動画視聴、ゲーム、大容量のデータ通信とか
iOSの更新とか。

appバックグラウンド更新する物

いろんなアプリが裏で動いています、情報の更新で。
通知が多いアプリはヤバい。
その中でもSNSアプリとかメールとかそういう物は
メッセージの受信のためにずっと動いていたりします。
LINEのオープンチャットとか大分ワイワイしてるグループとか
そのへんあるとバッテリーの消耗爆速ですね。

位置情報や周辺情報を取得する物

マップとかフィットネス系
お店とかUberとか道案内系とか
ブラウザ等、ぶっちゃけ広告出るやつ。

どうすれば良いのか。

もう使わないアプリはアンインストールしましょう。
アカウントや情報を控えておく必要が有る場合はしっかりと控えておきましょう。

設定を見直しましょう、「iPhone節電設定」等で検索すれば
多種多様の情報が出てきます、試す価値はあります。

ただ節電設定で一部機能が制限されて不便になるのは避けるべきですね
生活を豊かにするはずの便利アイテムのiPhoneが不便なのは本末転倒です。

度が過ぎたアプリの数や通知の数はバッテリーを爆速で消耗するので
アンインストールや設定の改善推奨です。

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123