Pocket

どうもiPhone修理のiatQ博多店です。

今回はバッテリーの劣化が引き起こす可能性がある不具合のお話です。

iPhoneのバッテリー劣化の影響は電池の減りの速さだけじゃない。

バッテリーの劣化を防ぐためには~~とか
バッテリーに健康的なiPhoneの使い方とか、Google検索すると山程でてくるので
簡単に、バッテリーに必要以上に負担をかけなければOKです

バッテリーの劣化によって引き起こされると言われている不具合

バッテリーが劣化すると、電力供給を正常に行えなくなる場合があります。

電力供給が不安定になることで起きる可能性がある不具合
  • iPhoneの唐突なシャットダウン
  • アプリのフリーズ/強制終了
  • カメラのフラッシュや一部写真や動画機能の不具合
  • 音声系のスピーカーやマイクの不調やホームボタンの不具合

こういう不具合が発生する可能性があります。

修理屋としては、バッテリー交換をした後に
症状が改善したことが経験がある曖昧な物もありますが。

TouchIDが正常に登録できて使えている状態なのに
いざロック解除画面になると、何をしても解除できなかったのが
解除出来るようになったり。

マイクやスピーカーの音がおかしかったものが正常になったり。

電力供給不足や不安定化による不具合はたしかに存在しています。

パフォーマンス管理の機能、「ピークパフォーマンス性能」

iPhoneはバッテリーの電力供給不足によって
システムに不具合が多発することを防ぐために
パフォーマンス管理の機能を搭載しています。

システムが自動でiPhoneの性能を下げ電力消費量を抑えて
バッテリーの電力供給不足に対応出来る設定があります。

ただしパフォーマンス管理の「ピークパフォーマンス性能」の設定が
オンの状態になるとiPhoneの性能が低下し、動作が鈍くなったりします

ただし、その代わりにシャットダウンやその他不具合が発生しにくくなります。

バッテリーの減りが早く、ピークパフォーマンス性能

バッテリーの劣化がここまで来ると使い続けるならば
バッテリー交換推奨ですね、電力供給不足によって
iPhoneの基板側のCPUやその他コンデンサやICチップに負担が大きく、故障の原因になります。

基板側の故障になると修理費が高くなるので
消耗品のバッテリーを交換しておけば避けられるリスクです。

「ピークパフォーマンス性能」の無効、オフについて

推奨はしませんが、動作が遅くなったりするのでiPhoneを使う上で
不便です、ですが設定を無効にすることで以前の状態に戻ることはできますが。
同時にiPhoneのシャットダウンや致命的な故障を招く可能性は否定できません。

なので設定をオフにする場合は自己責任でお願い致します。

 

おわり。

 

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。
iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F
電話番号:0120-947-123