Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

どうも、iPhone修理のiatQ博多店です。

まだ春なのに真夏日で熊本県で気温が30℃という話を聞きました。
今年の夏はどうなるんでしょうか。
我々の熱中症対策も必要ですが、

iPhoneも人間と同じく熱中症になるので注意が必要です。
排熱効率の良いiPhoneケースやヒートシンクと冷却ファン、冷えピタ等

iPhoneは暑さに弱い?

正しく言えばiPhoneのバッテリーが暑すぎるのも寒すぎるのも苦手

iPhoneに搭載されているバッテリー、リチウムイオン電池は
極端な寒暖に弱いのです、理由は電流を生み出す化学反応が効率よく上手く行える温度が
大雑把に言えば15~25℃前後と言われているからです。

さらにiPhone含めほとんどのスマホの排熱機構は熱伝導

iPhoneで一番熱を発するのはCPUと言われる人間で言う頭脳の部分です。
周りの気温が高ければ排熱効率は極端に下がります。
夏にiPhoneが熱くなりやすい理由ですね。

長時間連続してiPhoneを使用したり
iOSのアップデート等の大きなデータ通信や
データの移動を行う際にCPUがフル稼働して発熱します。
ですがしっかりと排熱できていればなんの問題もありません。

布で包んだり、断熱性の強いシリコンケース等に入れたままですと
iPhoneの排熱が上手くいかない場合もあるので注意です。

ちなみにバッテリーが高熱を発する場合は

そしてバッテリーが発熱する場合は何らかの負荷が掛かりすぎている時か
バッテリーの劣化や環境が原因の不具合が発生している場合です。

しかしCPUが熱いのかバッテリーが熱いのかなんて普段使っているとわからん物です。
ぶっちゃけバッテリーが異常な発熱をしている場合はiPhoneにも不具合が発生していることが多いです。

バッテリーが膨張して膨らんでいる場合は

iPhoneの画面が浮いてきたり、液晶が裏から押されて映像に異変があったり、タッチ操作の不具合が出たり

バッテリーが破けている場合は

iPhoneが再起動しまくったり、発火したり、手に持てないレベルの高温になったり、異臭が発生。

もしバッテリーに異常があるかもと思ったら

すぐにAppleStoreやお近くのiPhone修理店にお問い合わせください。

もしバッテリー異常だった場合は、危険な為速やかに電源を落とし
速やかに問い合わせ先に持ち込みましょう。

バッテリーが膨張している場合は、画面の破損だけじゃなく
破裂した場合は炎上して内部のパーツを更に破壊する可能性があります。

既にバッテリーが破けている場合は電圧が制御できない状態の可能性もあり
基板に過電流を流し基板を破損してデータ復旧不可にする可能性すらございます。

 

 

iPhoneの突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F

電話番号:0120-947-123

――――――――――――――――
iPhoneやiPad等の突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F(Google Map
電話番号:0120-947-123

全店共通番号となっておりますので、博多店を呼び出しください。

アイアットキュー博多店Twitterこちら

――――――――――――――――