Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

どうもiPhone修理のiatQ博多店です。

iPhoneを使っていると、毎年の様に最新型のiPhoneが発売されますが。
機種変更ってどんなタイミングでするのか悩みますよね。

新しい物が好きならば、最新型に毎回乗り換えている人もいるかも知れませんが。
そうじゃない人のほうが多数ですよね。

大手携帯キャリアの契約形態の2年払いに合わせて2年毎に機種変する方もいれば
その後も使い続ける人もいます。
それに最近では大手携帯キャリアで4年払いのプランも増えていますね。

iPhoneを乗り換えるタイミングの目安

そもそもiPhoneの寿命は?

手入れや使い方や環境次第ですが。

現在のiPhoneは、バッテリー交換無しでも、3年~4年は
例えバッテリー切れが早く、充電をこまめする必要がありますが使えるでしょう。

iPhoneを新品で使い始めて2年~3年目以降にバッテリー交換をしながら
本体の性能不足や、その他パーツの劣化等と付き合いながらならば
軽く使うだけならば、7年ほどは使えると思われます。

古いiPhoneでもメッセージのやり取りや電話やブラウジングくらいならば問題無いです。
現在もiOSのサポートの切れたiPhone5siPhone6を使っているユーザーもいます。

最近ではiPhoneSE(初代)やiPhone6Sシリーズが
次期iOSのバージョンiOS15に対応するという情報もあるので
iOSサポートがiPhoneSEやiPhone6Sは発売から約6年~7年間ほど継続される事になります。

私が思う最終的なiPhoneの買い替えのタイミングは、不便になったらです。

便利なiPhoneが使いづらい不便な状況だと意味がありません。
無駄にストレスを受けるのは駄目ですね。

  • 写真や動画を外部にバックアップしても容量が足りない。
  • 使いたいアプリが使えない。(性能不足やiOSサポート終了等)
  • 使いたい機能が使えない。
  • 修理不可の故障や不具合でiPhoneが正常に使えない。

もう買い替えた方が良いですね。

容量が足りない場合は次に買うiPhoneは容量に余裕を持った物を選びましょう。
現在では個人的には内部ストレージの容量は最低128GBから検討したほうが良いと思います。
アプリを入れたり、少々写真を撮ったりしていると64GBはおもったより簡単に埋まります。

故障時の修理費用も参考に

滅多に有りませんが、ほぼ全損に近い場合は修理費用が新品の価格より高い事があります
当たり前ですが新品買ったほうが、お得ですよね。

同時に中古iPhoneの同端末や上位互換シリーズの値段等も
参考にして
機種変するか、修理するか検討すべきですね。

そのために、iPhoneのバックアップは常に最新状態を目指しましょう
バックアップさえしっかりしていれば、万が一の故障時に選択肢が増えます

最悪の場合は修理を諦めて新しい端末を買うほうが安くて良い場合もある。
そんな時にバックアップがあれば被害が最小限で住みます。

バックアップがなければ重大なデータがあるから復旧が必要な場合は
復旧修理代+新しい端末代が必要になってしまうこともありえます。

iPhoneのサポートはメーカーと民間共に充実しています。

製造メーカーのAppleによる各種サポートや修理サポート(現在はiPhone6S(2015年9月)以降の端末がサポート対象)
私たちのような、街の修理屋の民間修理含めて選択肢が豊富です。

iPhoneは修理したい時に修理できて、修理料金も安い事が多いです。
もちろん高級iPhoneの端末は修理代は高いですが、同じ端末の新品購入や中古品購入よりは安い場合がほとんどです。

 

機種変と修理を両方検討してみて答えを出すのも良いと思います。

Androidはそうじゃない場合がほとんど

Androidの修理をメーカーに頼むと
「もう製造してない、パーツが無いから修理不可だから新しい最新機種購入してね☆ミ」
という事例が2年前や3年前に購入した新品端末でも当たり前のようにあります。

だからと民間の街の修理屋に依頼すると、未対応で断る修理店がほとんどです。
そして対応してくれる店が合っても料金が高いです
Android端末は基本的にパーツ自体が少なくて高いので、小さい規模の街の修理屋が修理するような環境では有りません。

なので結果的にAndroidの場合は修理先をメーカーだけに頼ると数年で対応不能になることが多く
民間修理業者もしてくれるところを確保するか、自身で修理をするかですが、パーツの不良、修理失敗のリスクが高いです。

なので一般的に長くスマホを修理して使い続けるのであればiPhoneが環境的に簡単でおすすめです。
お金さえ払えば修理出来る事が多いのがiPhoneです。
お金を払えても修理を断られる場合が多いのがAndroidです。

筆者のiPhoneを使った歴史

私は同じiPhoneを3~4年ほど毎回使っています。
iPhone5S→iPhone7→iPhoneSE2と機種変更しています。

現在はiPhoneSE2を使っていますが、以前の使っていたiPhoneもサブ端末で
現在もiPhone5sやiPhone7を自宅や出先で
Wi-Fi専用だったり音楽プレイヤーとして再利用しています。

私自身はゲームさえしなければ、iPhone5sやiPhone7をメインで使っていても特に困らないと思います。
しっかりと手入れをしていれば、使い方次第でも
古くなったiPhoneでも使い続けれます。

個人的には4年くらい使えば、もう機種変しても良い頃な気もしますね。

まとめ

iPhoneの買い替えタイミングは人それぞれですが
結局は、不便になったら機種変更で良いです。

現状に困ってなければ機種変する必要はありません。
バッテリー交換で解決する不便は交換をおすすめします。

逆に困ったことが有るならばそれを解決出来るなら
機種変更を検討したほうが良いです。

――――――――――――――――
iPhoneやiPad等の突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F(Google Map
電話番号:0120-947-123

全店共通番号となっておりますので、博多店を呼び出しください。

アイアットキュー博多店Twitterこちら

――――――――――――――――