Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

どうもiPhone修理のiatQ博多店です。

今回は。大雨で全身ずぶ濡れになってしまい
服のポケットに入れていたiPhoneが家に着いた時には
うんともすんとも動かなくなっていたお客様のiPhoneXsのお客様。

iPhoneの水没はある日突然に

このくらい前も同じような状態になったことがある。
みたいなシチュエーションでもiPhoneが水没することがあります。

理由はiPhoneの耐水性能は経年劣化含めて性能が低下していきます。
結果的に前は大丈夫だったのに今回はダメだった
という状態になることがあります。

なのでiPhoneの耐水性能を過信すると水没してしまう事が多いのです。

iPhoneXsの水没

今回はそんな状態のiPhoneXsの水没でした。
開けてみていると、錆の形跡があるので以前から少しづつ
水分が中に侵入し続けていたが、かろうじて無事だった状態だったのでしょう。

iPhoneの水没確認テープも見事に真っ赤になっているので
しっかりと水没済みですね。

iPhoneを開封した直後はバッテリーの上や
内部のパーツのところどころに少し水滴が残っている状態でした。

パーツを取り外し、洗浄を行い乾燥させた後に起動試験です。
新しい画面と新しいバッテリーと本体基板をつなげて起動を確認。

その後は各パーツをチェックしてダメになってしまっていたのはバッテリーでした。

元々のバッテリーを本体基板に取り付けると
iPhoneがリンゴループ状態になる状態だったので
おそらくバッテリーの基板がショートしてしまったのだと思われます。

そして、画面は無事でしたが、フィルム無しで使っていて傷が目立っていて隅っこに軽いひび割れがあったので
画面も一緒に交換する事になり、画面とバッテリー交換を行い修理は完了。

iPhoneXsはまだまだ使えるシリーズなので、末永く使っていただきたいですが、水没端末特有の腐蝕次第では保証が出来ないのが恐ろしいところです。

なのでお客様にしっかりとバックアップの徹底をアドバイスして水没処理作業終了です。

水没したバッテリーは不安定で危険

水没したバッテリーの電圧を図ると
数値が乱高下していて不安定な状態になっていました。
おそらく基板が破損して充電も放電もまともにできなくなってしまうのでしょう。

――――――――――――――――
iPhoneやiPad等の突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F(Google Map
電話番号:0120-947-123

全店共通番号となっておりますので、博多店を呼び出しください。

アイアットキュー博多店Twitterこちら

――――――――――――――――