Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

iPhone1年〜2年ぐらい使ってくると、どうしても感じるのがバッテリーの劣化です。

iPhoneを購入したばかりの頃は充電したら余裕で1日以上充電がもってたのに、今は朝充電100%でも夕方には切れてしまうなんてことありませんか?

そんな時はiPhoneのバッテリー交換をお勧めします。

でもiPhoneのバッテリー交換ってどうすればいいのかわからない事が多いかと思いますので、今回はアイフォーンのバッテリー交換についてご紹介致します。

通常アイフォーンであれば携帯ショップの案内で、「AppleストアかApple正規サービスプロバイダへ行ってください」と案内されます。

アイフォーンは全てのモデルがバッテリーが内蔵式で自分でバッテリー交換をする事ができなくなっています。

なので「バッテリーだけ交換したい」という場合でも正規店にいってバッテリー交換の依頼をする必要があります。

近くに正規店がない場合はAppleに郵送で送る事で対応が可能です。

iPhoneのバッテリー交換は手間と時間がかかる?

バッテリー交換だけだとすぐできるんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、基本的にApple  Storeは当日飛び込みでは受け付けてもらえません。

事前予約が必要で自分の都合が良い日時に予約が取れるかどうかもわからないほど混雑しています。

これがなかなか予定が合わずに結局行けずじまいというケースも多いようです。

正規店ではバッテリー交換だけでもiPhoneのデータ全消去が必須です。

そしてなんといっても不便なのが、iPhone内のデータ全消去が必須という事です。

Apple  StoreApple正規サービスプロバイダでの対応に関しては必ずデータを消去している事が条件になってきます。

なので事前にデータのバックアップをとる事が必要ですが全てのデータがiTunesiCloudでバックアップできる訳ではありません。

LINEやゲーム系のアプリなどは、そのアプリで個別にバックアップの操作、設定が必要になるものがお多いからです。

これがApple StoreApple正規サービスプロバイダでバッテリー交換をする際の1番のデメリットではないでしょうか!?

データのバックアップや予約をとるのはやっぱり面倒、早めのバッテリー交換がいいのにと思われる方は、街のiPhone修理屋さんでiPhoneのバッテリー交換をする事をお勧めします。

街のiPhone修理屋さんなら基本的にiPhoneの初期化などをお客様にご依頼することはございません。

諸事情により初期化をするケースもございますが、当グループでは年間数千台のiPhoneのバッテリー交換をしますが、データが消えたことは1度もありません。

おそらく他の修理屋さんも同様だと思います。

iPhone修理店で修理するメリットはデータが消えない、ほとんど待たずに修理が開始される。またAppleに比べて価格が安いということです

逆にデメリットは純正部品ではないということが1番のデメリットになるかと思います。

またAppleさんが情報を共有してくれないので、新機種になると取り扱いに悩むこともありますが、当i@Qグループは海外にある修理パーツのサプライヤーなどとも密にしており、新機種も発売されて1週間後には、かなりの情報が入ってくる仕組みを作り上げております。

欧米では現在修理する権利を求めて裁判が行われています。

自分が買ったものを自分で修理する権利です。

考えてみれば当たり前のことなのですが、クライアントの安全と自社の利益の為に外部業者での修理を認めていません。

安全はとても大事なことなので、その姿勢は素晴らしいと思います。

しかし、当店のような街の修理屋さんにも情報やパーツを提供してくれれば、もっとお客様がiPhoneを使う上での利便性が向上するのにと思うばかりです。

――――――――――――――――
iPhoneやiPad等の突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F(Google Map
電話番号:0120-947-123

全店共通番号となっておりますので、博多店を呼び出しください。

アイアットキュー博多店Twitterこちら

――――――――――――――――