Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

皆さんはiPhoneを使っていたら電源が急に切れて困ったことはありませんか?

これといった兆候が無かったにもかかわらず、iPhoneの電源が突然入らなくなる現象の事をiPhoneの突然死と言います。

今回はそんな恐ろしいiPhoneの突然死について、その原因と対策をご説明します。

iPhoneの突然死はいつ起こるかわからないものなので、今は大丈夫だからと油断せずにご確認ください。

iPhoneの突然死とは、急にiPhoneが壊れてしまう事の総称です。その為、一口にiPhoneの突然死といっても症状としてはさまざまなものがあります。

まず、完全にiPhoneの電源が入らないという症状について考えてみましょう。

使っていたら突然シャットダウンしたとか、電源ボタンを長押ししても真っ暗なままで動かないといった症状が該当します。この場合、原因としては「iPhoneのメモリがいっぱいになっている」ことと、「バッテリーや基盤などが故障してしまっている」ことが考えられます。

また、電源は入っているけどフリーズしてしまって動かないという症状もあります。こちらの場合もメモリやバッテリーが原因であることが多いようです。

他にもバッテリー残量は十分にあるのに電源が落ちるといった症状も、バッテリーが原因で引き起こされている可能性があります。

つまり、iPhoneの突然死は、「iPhoneのメモリ」か「iPhonenバッテリーや基盤」が原因であることが多いと言えるでしょう。

いつ起こるかわからないiPhoneの突然死は、普段からの予防が大切です。こまめにメモリリセットを行うことでメモリの負担を軽くしたり、もしもの時のためにデータのバックアップをとるようにしましょう

メモリリセットはiPhoneが突然死してしまったあとにも有効です。

電源が入るのであれば試してみてください。

iPhoneの初期化することでも改善することがあります。また、バッテリー残量が十分なのに突然電源が切れる場合は、バッテリーリフレッシュを行いましょう。

メモリリセットや初期化などをしても電源が入らない場合は、iPhoneを修理に出しましょう。Apple  Storeだけではなく、私達のような街のiPhone修理屋さんだと、故障の原因にもよりますが、初期化せずに修理できる事もありますので、一度ご相談ください。直接のご来店も大歓迎です。

――――――――――――――――
iPhoneやiPad等の突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F(Google Map
電話番号:0120-947-123

全店共通番号となっておりますので、博多店を呼び出しください。

アイアットキュー博多店Twitterこちら

――――――――――――――――