Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

iPhoneのカメラ性能はデジタルカメラにも負けず劣らずのカメラ機能を持っています。なので大事な瞬間を逃さないようにカメラを立ち上げてみたら、画面が真っ暗に!!昨日まではちゃんと使えてたし落としたけど、カメラ部分には傷もついてないのになんで!?さらに言うと内側のカメラは使えたり、外側のカメラだけ使えたりする、片方のカメラはしっかり写るのになんで!?

真っ暗になってしまう現象にも、もちろん原因があります。

その原因によっては直ることもあるので、どんなことが考えられるかご紹介致します。

・ソフトウェアの問題

まずは最初に考えられるのはiPhoneのソフトウェアの問題です。

ソフトウェアって何?具体的に例を上げますと

1、カメラアプリ自体の故障

2、カメラアプリを起動しているシステムの不具合

3 iPhone本体を動かしているシステムの不具合

こんな感じです。

カメラ本体に傷がなくても、カメラの中が故障をしているので真っ暗になって使えなくなることがおきるのです。

その場合はバックカメラ交換修理が必要になります。

iPhone本体の問題

カメラ本体に目に見えない部分が不具合を起こしていることもあります。

具体的な例を上げます

1、カメラパーツの初期不良

2、カメラ及びカメラレンズの損傷

3、カメラの配線が基盤から外れてしまった

4 iPhoneの基盤自体が損傷してしまい、カメラが起動できない

こんな感じです

カメラパーツに何らかの異常や損傷がある場合、またはiPhoneの基盤の損傷による場合が考えられます。

外側の見た目で分からない部分で何かが起こっているのは間違いないですが、今上げただけでもかなりの原因が考えられます。

なので焦らずに原因をこれだと決めつけずに、対処法をいくつか試してみましょう。

カメラが真っ暗になった時の対処法

1、とりあえずカメラの再起動してみる

もしかしたら再起動で治るかもしれません。

何か不具合が起きたら、一番最初にやってほしいのは再起動になります。

2、電源を切って本体を再起動させる

電源ボタンを長押しし一度電源を切り、再起動してみてください。

カメラ交換再起動後にもう一度アプリを立ち上げて再確認してみてください。

3、強制再起動させる

通常の再起動でうまくいかなければ、強制再起動をかけてみてください。

4iTunesに接続、リカバリーモードからの初期化を行う。

それでも解決しなければ、自分で出来る最後の対処法になります。

iTunesiPhoneを接続してリカバリーモードから初期化です。

これをすると購入時と同じ状態になりますので、大切なデータはきちんとiCloudなどを使ってしっかりバックアップをとってくださいね!

リカバリーモードの手順はAppleのサイトにて確認いただけます。

カメラパーツ交換をしてみる

――――――――――――――――
iPhoneやiPad等の突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F(Google Map
電話番号:0120-947-123

全店共通番号となっておりますので、博多店を呼び出しください。

アイアットキュー博多店Twitterこちら

――――――――――――――――