Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

私は財布や鍵をたまに、どこに置いたままにしているのか忘れる事があって、何回も大変な思いをしましたが、今回紹介するAirTag(エアタグ)を使用するようになり、鍵を紛失してもAirTagを付けてからはすぐに探し出すことができるので、本当に助かりました。

2021年の4月にAppleから『AirTag(エアタグ)』が発売されました。

これは紛失防止タグと呼ばれるガジェットで、大事なものに付けておけば、近くでも、遠く離れていても、AirTagを付けたアイテムの在りかがわかるというもので、財布やカードケースに入れておいたり、専用のアクセサリーとしてキーチェーンなどもあるので、カバンに取り付けるなど、さまざまな使い方ができるのでとても便利です。

AirTagは世界中のiPhoneが探してくれる

そもそも紛失防止タグとは、スマホなどと通信する事で位置情報を検索し、それがどこにあるのか分かるようにする物です。一般的には、財布やキーケース、カバンなどに付けることで、紛失や忘れ物防止に役立ちます。

AirTag自体にGPSは搭載されておらず、iPhoneと通信接続する事により位置情報がわかる仕組みです。iPhoneなどの「探す」アプリを使って、近距離であればAirTagまでの距離向きを指し示してくれますし、AirTagから音を鳴らすこともできます。

通信接続には、BluetoothUWBUltraWideBand 超広帯域無線通信)が用いられている。UWBは広い周波数帯域を使用し、障害物による影響が少ない通信方式なので、より細かい位置を探すことが可能です。

また、Bluetooth接続がとどかないほど離れている場合でも安心です。世界中に数億台あると言われるiPhoneiPadMacAirTagの位置情報を拾い、iCloudを通じて持ち主に在りかを示してくれます。

サイズは500円玉より一回り大きいほどで、かなり軽いので携行品に付けて持ち歩いてもまったく気になりません。

なお、AirTagは多少磁気を発生していますが、財布に入れておいてもクレジットカードへの影響を心配ないとされてますが、気になる方は直接カードに触れないようにしておくと良いでしょう。

使い方は簡単!なくしてから見つけるまでの手順もわかりやすい!

初期設定の方法は実に簡単で、AirTag本体についている保護フィルム(絶縁フィルム)を剥がして、iPhoneに近づけるだけでペアリングされます。

AirPodsなどとほぼ同様で、近年のApple純正のiPhoneアクセサリらしい手軽な初期設定です。「接続」を選択したら、AirTagのアイコンと名前を設定する。

「財布」「バックパック」「ジャケット」といった基本的な名前であればプルダウンメニューから選択できるが、「〇〇の財布」などオリジナル名称も入力可能で、アイコンはAppleオリジナルの絵文字から選択します。

あとはアクセサリを使ってアイテムに付けたり、小銭入れに入れておくだけです。

そして、iPhoneの「探す」アプリを開き、下部のメニューから「持ち物を探す」をタップすると、持ち物が地図上にマッピングされる。近くに無い場合は、探したいアイテムを選んで「探す」をタップしよう。

また万が一紛失した時に備えて、「検出時に通知」をオンにしておきましょう。誰かのiPhoneが近くを通った時に、持ち主のiPhoneに位置情報の通知が届くようになります。

さらに、「紛失モード」の「有効にする」をタップしておくのもおすすめで、紛失物を見つけてくれた人がスマホをかざしたときに、電話番号やメールアドレス(通知内容を選択可能)が表示されるように設定できます。

持ち物がなくなる焦る事がほとんどなくなった!

AirTagのおかげで、出かける間際に車のキーや財布が見当たらなくて困る事が、ほぼほぼ無くなりました。

忘れ物に困った経験がある方は、日々の生活にAirTagを取り入れることで、安心できますのでご検討してみてはいかがでしょうか。

当店はiPhone修理業として快適にiPhoneをお使い頂けるような、情報を発信していきますので、今後も当店の記事をご覧いただけると幸いです。

ではまた

――――――――――――――――
iPhoneやiPad等の突然の不調、故障、その他、困った事が有りましたら
気軽にiatQ博多店までご相談ください。

iPhone修理のiatQ(アイアットキュー)博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-5-2 2F(Google Map
電話番号:0120-947-123

全店共通番号となっておりますので、博多店を呼び出しください。

アイアットキュー博多店Twitterこちら

――――――――――――――――